2018年!!副業サラリーマンのやりたくない事リスト10!

sponsor


明けましておめでとうございます!

読書ブロガー/副業サラリーマンのミナミ(Twitter)です。

20代は捨て。今後の自分にプラスにならないと思ったものは、潔く捨てればいい。ー四角大輔・自由であり続けるために20台で捨てるべき50のことより抜粋

ぼくは今年30才を迎える年なので20代でいられるのはあと数ヶ月で終わってしまいます。ですが四角さんのこのコトバ通り、自分の今後に何もプラスにならないことは捨てるという考えは30代であっても大切なこと。

何かを捨てるということは何かを充実させるということに他ならない。

なので年初めである今、さらに自分の価値を高めるため、人生を充実させるために「やりたくないことリスト」をつくりました!

自分のやりたくないことリストなんて自分の心の中にでも閉まっとけよ感は少しありますが、自分への宣誓+発信することで退路を断つために書いておきたいと思います!

2018年やりたくない事リスト

酒の飲み過ぎをやめる

ぼくはこれまでお酒を飲み過ぎたことによりいろいろな失敗を繰り返し行ってきました。酔っ払いすぎて良いことなんてほぼない。

何より2日酔いで次の日も動けないという何とも生産的でない結果を招くことがホントにムダなことだなと。

今年はお酒を飲むとしてもたしなむ程度。場合によっては飲まないという選択も視野に入れ、ムダなことで時間を消費することにならないよう、自分をコントロールして行きたいと思ってます。

ムダな飲み会に行くのをやめる

年末の忘年会や飲み会でも感じたことなんですが、グチやお決まりの昔話などに花を咲かせる飲み会ほど意味のないモノはないなぁ、と。

ムダな飲み会かどうかは極論行ってみないとわからないことですが、何となく行きたくないなと感じれば、今年は素直に断ろうと思います。

朝寝坊をやめる

脳は、朝起きてから2時間の間に最もクリエイティブな力を発揮することがわかっています。ーメンタリストDAIGO・超集中力より抜粋

今流行りの朝活。朝を自己投資や生産的なモノにあてることは医学的に見ても良いとされている。

このブログをはじめた当初はいつもより少し早く起き、出社前に読書や記事を書くということをしていたのですが、最近は少し疎かになりガチ。

だって寒いもん。笑

まあそんないいわけは怠慢以外の何者でもない。もう一度気を引き締めて、朝活。はじめて行きます。

誰かを否定することをやめる

相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない。D・カーネギー・人を動かすより抜粋

何事もまず受け入れる。聞く力を今年は鍛えて行きたいなと。簡単なことのように感じますが、以外にこれが難しい。

何よりも否定されて嬉しい人なんていない。

そんなことをやる意味なんて何もない。

他人の時間を生きるのをやめる

1日24時間を楽しみきるためには、自分が今「自分の時間」を生きているのか「他人の時間」を生きているのか、ということに敏感にならないといけない。ー堀江貴文・多動力より抜粋

これは去年堀江貴文さんの著書、多動力を読んで以降実践している事なんですが今年も引き続き実行していこうと。

何も考えずやれといわれたことばかりをやってしまっていると、ついつい他人の時間を生きてしまいガチ。会社員はとくにだ。

どんな事柄に対してもこれは「自分の時間」を生きているのか。それとも「他人の時間」を生かされているのか。これらを考えることは人生を楽しむため、自分の価値を高めるためにも重要なこと。

ぼくはそう思います。

本業を疎かにするのをやめる

これはそのままですね。去年の6月ぐらいから読書をはじめ、同時にこのブログを立ち上げたのですがその2つに集中しすぎて本業が疎かになってしまうことがあった。

ぼくの本業は建築における現場管理や人材管理、お値段交渉など、よくよく考えれば今後ためになるスキルを生の環境でたくさん学べるところ。

そこを疎かにすることは会社にとってはもちろん、自分にとってもよくないことだなと。

悲観的になるのをやめる

幸せそう、楽観的という状態になって、やっと働く脳の回路があります。これは脳のエンジンの様なもの。それがうまく回ってないと、脳にある他の回路も動いてくれません。マーシーシャイモフ・脳にいいことだけをやりなさいより抜粋

悲観的になっても何もいいことはない。そんな人のコトバや行動が人を元気付けたり、心を震わしたりすることも絶対にない。

時には無理にでも笑ってみせる。

そうすれば辛いことがあってもホントに笑えるようになるかもしれない。

恥ずかしがることをやめる

「世間体が悪い」「人の目が気になる」というのは、僕に言わせれば全て自意識過剰だ。実際あなたのことをそんなに注目している人は、そうはいない。多くの人は、自分以外のことになんの関心もないのだ。堀江貴文・本音で生きるより抜粋

自分をさらなる高みへと成長させるためには「恥ずかしがる」ことを恐れていてはいけない。

間違っていてもいい。笑われてもいい。

自分が立派な人間になるためにも、それらは避けて通ることができない道。

だから「恥ずかしがる」を捨てるということは、とても重要なこと。

それにこの堀江さんの言葉通り、自分を見ている人は自分が思っている以上に少ないですしね。

何となく怠けるのをやめる

これは永遠に活動するという意味ではない。

怠けるときは怠けると決めて怠けるということ。

少しの時間もムダにすることはしないという心構えを大切にしたいなということです。

思考停止をやめる

日々学び続けることを今年も強く意識したいなと。また、学び続けるための環境や自分の体調にも今年はもっと気を配ろうと思っています。

2日酔いの時間なんかはモロ思考停止の時間。時間を決めず夜遅くまでゲームすること(特にスプラトゥーン)もそうだ。

成長を止めるということは、現状維持ではなく衰退。

自分の価値を高めるため、人生を充実させるためには日々学び、成長することが必要不可欠であり、とっても重要なこと。

どんなに疲れても、辛くても思考をとめてはいけないのだ。

まとめ

以上がぼくの2018年やりたくないことリストです。

やりたいことがないといった方でもやりたくないことは必ずあると思います。そういった方はまずやりたくないことに目を向けてみることをオススメする。

そうすれば自分がどういった人間なのかも見えきますし、それらが人生を充実させることにも繋がる。

それだけでなくやりたくないことをやらないことで、やりたいことが見つかるという結果に繋がるかもしれない。

あなたも年初めの今「やりたくないことリスト」つくってみてはいかがでしょうか?

戌年なだけに「ワンダフル」な年にあなたもしたいでしょう?(ドすべりギャグ爆)

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「読書」と「考えること」が主食。読書から得た学び、これからの生き方・働き方について、主に書いているブロガー。 無職で結婚→日雇労働→副業サラリーマン(今)→面白いことで人生が埋め尽くされている(未来)→木(来世)