伝え方が9割:佐々木圭一【読書感想・書評】伝え方次第で感動はつくれる! 

sponsor


こんばんわ!

最近ブログ記事の修正やらなんやらで読書記事を全然書いていない、ミナミです!

嫁にも「そんな過去の記事を修正ばかりしていないで新しい記事かけよ」

と言われちゃってます。笑

まあ応援してくれてるんですけどね。多分

そんなことはさておき、今日はこの本を読みましたーよ!

なんとなくヒマなんで古本屋にいったら伝え方が9割が(古本で買いました。なんか、ごめんなさい)並んであったので、買いました!

著者の佐々木圭一さんは、コピーライターで作詞家さん。

日本人初、米国の広告賞One Show Designでゴールド賞を獲得。

そのほかにもいっぱい賞をもらっている、まあ要するにスゴイ人なんです!

しかし、もともと伝えることが得意ではなかったらしいです!以外!

それでは、僕が思ったことを引用をまじえて紹介していきたいと思います。

伝え方は才能ではなく、誰もが習得できるスキル

本書でも例えられている話なんですが、仮にあなたが誰かとデートしたいと思っているとする。

それも北川景子さん似のエゲツない美しさの持ち主で、アタマもほどよく良い。

しかも、両親は大きい病院の院長さん。そう、いわゆるお金持ちです。

そんな彼女に、小太りで汗っかき、おまけに毎日の仕事に疲れ果て、使い古されたボロ雑巾のような表情を浮かべる、あなたや私たちが

「デートしてください」

などとシンプルにいっても、高確率で断られるでしょう。

じゃあどうするか。

話を戻しますが、「目的」はデートをするってことです。

でもデートはまだ早いかな?と相手がおもっている。

じゃあどうするか。

「驚くほどうまいパスタがあるんだけど、どう?」

が正解の伝え方です!

パスタの所は何にでも変更オッケーです!

相手の興味があるもの、ありそうなものを選択肢にしてしまうんです!

興味があるものならイエスと返答する確率はかなり高いはず。

相手が興味があるモノの、そのついでにデートという目的も達成させちゃうってわけです!

なんか、僕が書くとこずるい感じ(笑)になってしまったので、本文から少し引用しときます。

「ノー」を「イエス」に変える技術の答えは、相手の中にあります。「お願い」は、あなたのコトバではなく、あなたと相手の共作なのです。あなたのハッピーと相手のハッピーをいっしょにつくりあげることなのです。

いま上で描いた男女2人。

大病院の美人ご令嬢、「キレイス・ギテ・スマーン」

小太り派遣会社員、「ワキア・セ・トマラニーヨ」

この二人ほどの大きな格差にまで対応できるのかは正直わかりかねます。笑

著者におうかがいするか、あなたが勇気を持って試して見て下さい!

僕は結婚してるのでもうできません。

(ちなみに、本書でこんなクソ設定はでてきませんのでご安心下さい)

とまあ、こんな感じで相手にイエスと言ってもらえるお願いの仕方、その技術とは!ってことが書かれています。

もちろん今例えたのが「キレイス」「ワキア」なだけであって、ビジネスに役立つ伝え方の技術もしっかり書かれています。

てかそっちがメインだと思います。

じゃあそっちで例えろよ!って思いましたか?

そうですよね。僕もそう思います。

逆説的に語ることでコトバに「力」がでる

これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。
オバマ大統領就任演説

 

お前の為にチームがあるんじゃねえ   チームの為にお前がいるんだ!!
スラムダンク安西先生

 

足が臭いんじゃない。臭いということが足なんだ!!
読書ブロガーミナミ

どうです?どれもインパクトがあるコトバですよね。

このように伝えたいコトバの前に、それに反するコトバをつけてあげる。

それだけでグーンとコトバに「力」がでます

僕はブログをやってるんでこのへんはメチャ勉強になりました!

記事タイトルとかにも使えますよね!

ほんの少しの工夫で、相手に伝わったときのイメージがガラリと変わる。

本書にはこうあります。

ギャップをつくれば感動をつくることができる。

カッコいい言葉ですよね!

僕もいつか、人を感動させるようなものをかいてみたいな~!!

 

ブログは伝え方の勉強にもってこい!!

伝え方を鍛えるってことでも、ブログは最強にいい学びになるのではないでしょうか。

よく有名なブロガーさんたちは、

「とりあえず、死ぬほど書け!!書かなきゃうまくならん!!」

っていってますよね。

逆に死ぬほど書いたらそこそこは伝えるのがうまくなる、ともとれますよね!

もしかしたらブログを書きまくってる人たちは本書に書かれているようなことを自然にこなしているのかもしれないですね。

伝える力をみがくために、ブログ始めてみるのもいいんじゃないでしょうか。

伝え方を自分で考えて試してみる。

実際に自分で言ってみるってのが大事で、それがスキルをはやく習得できることにもつながると思います。

僕もこのブログで色んな伝え方をこれからしていこう。

佐々木さん、いい本をありがとうございました!

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。