スマホを落としただけなのに/志賀晃【読書感想・書評】

 

 

ぼくたちがふだん使っているネットやSNSに、

これほどまでの危険が潜んでいるのかと思わざるを得ない本にであいました。

 

 

スマホを落としただけなのに
あらすじ

 

一人の人物がスマホを落としたことから全てがはじまる。

ある日、タクシーに乗っていたある男は座席にスマホが落ちていることに気づく。そのスマホはじぶんの機種と似ていたので、自分のモノだろうとおもい、カバンに入れてしまう。

そのスマホに着信がはいり画面を見ると、男のまったく知らない女性の写真が着信者として写し出されていたことで、自分のモノではないことが分かった。

電話をかけてきた女と何回かのやり取りをへた末、男は何事もなかったようにそのスマホを持ち主に返す(そのスマホは電話をかけてきた女の彼氏のモノだった)

しかし、着信者として写し出された長い黒髪が素敵な女のあまりの美しさに、なんとか近づける方法はないかと考えた男は、

そのスマホ内にあるデータを全てコピーしてから、スマホを返したのだった。

 

当然、スマホにはカギがかかっていたが、拾い主がたまたまテクノロジーに強いハッカーだったことが運の尽き。

素人がおこなうセキュリティーを崩すことなんてハッカーからすれば朝めしまえで、いとも簡単にそのスマホ内のデータは抜き取られてしまった。

 

そのことをキッカケに男は、女の素性、交友関係、家族構成など、SNSやネットを駆使してすべてを洗いだしていく。

画面に映し出された女をじぶんのものにしたい、ただそれだけの理由で…

 

その一方、都会から離れた山奥に舞台は変わる。その山では数体の死体が発見された。

テレビのニュースは連続殺人の可能性があるその話でもちきり。そして、被害者の共通する特徴はどれも長い黒髪の女ということだった。

 

スマホを落としただけなのに、まさかこんな事態に発展するとは。

本書はその一言をあたまで唱えざるを得ない、とても恐ろしいミステリー小説です。

 

sponsor


スマホを落としただけなのに
読書感想

SNSやネットの怖さを痛感させられた

本書はタイトルにもある通り、スマホやパソコンといったテクノロジー界隈での犯罪を描いたミステリーだ。

そのなかでも、主な犯罪行為はSNSを軸に繰り広げられていく。

ぼくたちにとってあまりにも身近すぎるその舞台に、恐怖を直に感じずにはいられなかった。

また、狡猾すぎる手口に、果たして自分ならその行為を犯罪と見極めることができるだろうかと考えると、とてもじゃないが首を縦に振ることはできないとおもった。

ぼくたち日本人は、まさか自分に限って、ネット犯罪やアカウントの乗っ取りなどあるわけがないだろう…とおおくのひとは何の根拠もない安心感をもっているのではないか。

その危険性を本書からは痛烈に感じさせられた。

ネット上にも、たくさんの危険がある。それは、しがないぼくのような一個人であっても。

そのことをまずは理解しておこうとおもいました。

SNSのライブ投稿には十分注意するべし!

ちょくせつ物語とは関係のないはなしだけど、SNSの投稿にはいくつかの注意が必要だなと本書をよんでおもった。

それは、ライブ投稿に関すること。

これ、発信のしかたによれば、じぶんは今ここにいますよ!と自ら発信しているようなものだなと。

投稿した人にそのような意図はなくても、画面に映り込む背景から場所を特定される可能性だって十分にある。

つまり、その動画をみているひとは頑張ればSNSに投稿した人物に会いに行くことも可能だということ。

それは身近な友だちだけじゃなく、ストーカー気質のある変態にとっても。

 

逆に、「我々家族はいま、〇〇に旅行に来ていますー!」といった投稿をすると、いまその家族の家には誰もいないということを証明することにもなる。

これは泥棒や変態ストーカーにとって、またとないチャンスを自らあたえているようなもの、といえなくもない。

 

このように、ライブ投稿や今自分たちがいる場所を特定されてしまうような投稿には、多かれ少なかれリスクが伴う。

時間をずらして投稿するとか、観覧できるひとを限定するとか、いろいろ対策をうちながらSNSを楽しむことも、じぶんの身をまもる重要なことではないかと、本書をよんでおもいました。

特に、女・子どもはね。

 

おわりに。

本書はさいしょからさいごまで怖い。しかし、全てがそうだというわけではない。

人間にはだれだって狡さ、狡猾さという弱い部分が少なからずあるとおもう。そんななか、苦悩をのりこえたすえにみせたほんの少しの強さが垣間見れる瞬間は、とても気が緩み、暖かさを感じた。

冷静になり、本書をじぶんにおきかえ考えみると、やっぱり怖かったという感情が大きすぎるけどね。

 

先をよむことに恐怖を感じる一方、次の展開をはやく知りたいと読む手を休ませない。

自らすすんで読むのではなく、本書がもつ悪魔じみた引力により、一気に読まされる。

そんな印象をうけた本でした。

映画化になるのも頷ける、とても怖いけど面白い本でした。

 

最後にこれだけはいっておきたい。

テクノロジーに強い信用のおける友だちは、是非ともつくっておくべき。

じぶんがテクノロジーに強いのなら、話はべつだけど。

 

 

 

sponsor








 

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください