SNSで夢を叶える【感想・レビュー】フォロワー76万人のゆうこすから学ぶSNS発信術!

sponsor


どうも!

読書ブロガーのミナミ【Twitter♤】です。

今日はこの本〝ゆうこすさんの著書、SNSで夢を叶える″を読みました!

ゆうこすさん(@yukos_kawaii)とはInstagram、Twitter、LINE@、YouTubeなどの合計フォロワーが76万人を超えるSNSを駆使した自分プロモーションの達人さん。

また、モテるために生きてる「モテクリエイター」でもある。

「モテクリエイター」とは〝モテ″を〝クリエイト″するという、ゆうこすさんがオリジナルで作った肩書きで、女の子の「モテたい」という気持ちを、誰よりも肯定して、応援して、背中を押してあげる仕事なんですって!

なんでも、ゆうこすさんがInstagramで紹介した商品はすぐに完売してしまうらしい。

率直にスゲェッッ!!

いまやインフルエンサーを通した商品紹介や宣伝は立派なビジネス。

フォロワーが多いということは、それだけで価値があることなのです。(フォロワーの多さが全てではないですが)

フォロワーを買うという人もいるというくらいですからね。というかフォロワーってどこに売ってるんですかね?気になる。知ってる人がいたら教えてる下さい。

私買います。

どんなひとにオススメの本?

〝SNSで夢を叶える〜ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方〜″はタイトル通り、ゆうこすさんがSNSでどう発信力をつけていかれたのかが書かれてる本です

いまや76万人にもなるフォロワーがいるゆうこすさんでも、はじまりはドン底だったみたいです。

キラキラした今があるのは、相当な努力を重ねてきたからなのでしょう。

おじさん、尊敬。

また、本書を読み終えて、こんな人たちにオススメできる本だなと思いました。

こんな人におススメ!!
  • SNSで発信力をつけたい
  • フォロワーを増やしたい
  • セルフブランディングが定まっていない
  • 好きなことをビジネスにしたい
  • ゆうこすさんのファン
SNSは各サービスごとに分けて書かれている。サービスの機能や強みはそれぞれ違うのでそこをどう活かせばいいのかなど、かなり細かく教えてくれます。

それでは、ぼくが本書を読んで、共感し、学びになったところを引用を交えながら感想を書いていきたいとおもいます。

SNSで夢を叶える
感想と名言

自分よがりな発信になっていないか。

ぼくの発信メディアはこのブログとTwitter♤なんですが、やはりブログもTwitterも(特にブログは)読まれてなんぼだし、読まれていないと普通にヘコむ。

どれくらいへこむのかはこの通り。

もはやヘコみすぎて鼻がなくなるのだ。

まあこんなちゃばん話はさておき、冷静に分析するとそこにはやはり読まれない理由があり、原因がある。

その読まれないという原因の一つに本書では「読者」に向けて発信できていないから。ということが挙げられていた。

見る側があなたの投稿を見て、どんな気持ちになるか。それを考えるだけで、発信の仕方は大きく変わるはずです。ー著書、SNSで夢を叶えるより抜粋

読者目線になるとは正にこのことですよね。ぼくは「モノを書くプロ」ではないからこのへんがやはり抜けガチになってしまっていた。

でも、しっかりと考え、分析しながらいいモノが書ければ書いた本人が素人であろうが必ず読まれる。

もう一度、読者をしっかりと意識してみよう。そう思いました!

 

カッコつけなくてもいい。

合理的で完璧なデザインが必ずしもいいモノであるとは限らないと、最近読んだ永井さんの本にも書いてありスゴく共感したのですが

本書を読み、その思いはより自分の中で強いものとなりました。

カッコつけて賢いぶっても(本音はやっぱり賢くみられたい)、読者にはすぐにバレる。読者の目は鋭い。

ぼくのような得体の知れない男のブログをみているマニアックな方は特にだ。

ならカッコ悪い自分のことも含めて発信したほうが、よほど共感してもらえるし、同じような経験をした人たちとも繋がり合える。

好きなことを発信するということは、自分をさらけ出すこと。そうして初めて「価値観の近い」フォロワーが増え、それがアカウントの発信力となっていくのです。ー著書、SNSで夢を叶えるより抜粋

自分らしく。気取らずに。それでいて読者にとって価値のある情報を届けていく。

これはすんごく大切なことだなと。

SNSは信用が何より大切。

本書には他にもちょっとしたテクニック。いわゆる〝映える″技術や、共感を呼びやすい〝エモい″ツイートの仕方なんかについても書かれている。

エモいなんて完全に「エロい」にしか見えなかったぼくはかなりの変態なんだと思います。

まあぼくが変態かどうかはさておき、本書をよんで一番感じたのは、先に書いたようなテクニックも大事なのですがSNSなどの発信メディアで大事なことはやはり「信用」だと思いました。

本書にはこんなことが書かれてる。

大切なのは、発信内容(情報)に共感できるか。情報に価値を感じることができるか。つまり、発信者と受け取り手の思いがリンクするかどうか。それだけです。ー著書、SNSで夢を叶えるより抜粋

どれだけ価値のある情報を与えることができるか。これはいいかえればその人の情報には価値があると、どれだけ信用してもらえるか、ということ。

ここを勝ち取ることができないと、ホントの意味でのフォロワーを獲得することはできないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もっと知りたい!と思ったなら、続きは本書をチェックしてみて下さい。

テクノロジーが発展し信用経済といわれる今の時代だからこそ、努力次第、自分の力次第でSNSを使い夢を叶えることが可能になった。

しかし、そこには自分だけがいるのではなく、自分のまわりに誰かがいて、その誰かの応援や後押しがないと成立しえないことでもある。

みんながその夢を叶えたいと思うことで、夢は叶う。

読者が求める価値ある情報とは何か。読者に共感してもらえる自分のエピソードはどんなものがあるか。

自分を振り返り、考え、これから行動に移していこう。

ゆうこすさん、良い本をありがとうございました!

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。