ラインブログ1位キングコング西野さんのブログに私、BAKADOKUがお邪魔しちゃった件!!

sponsor


こんばんわ!

読書ブロガーのミナミ(旧BAKADOKU)です。

二か月前くらいにこのブログを始めたのですが、ホントにワードプレスでブログってムズイ!!

僕が機械オンチなだけなのか?

きっとそうなんだろうな!!

クソーーーッッ!!!!

まあそんな三十路近くのおっさんの愚痴はもっとおっさんのまぶたの一番邪魔なところにでも置いておきましょう。

本当は過去記事を全部直し、サイト内も綺麗にオシャレにそしてなおかつ散髪に行きスッキリしてから新しい記事を更新していきたかったのですがそれを中断してまでも書いておきたいことができました。

それがこれ!!

キングコング西野 公式ブログ

そうです!

僕のツイートをキングコング西野さんがブログで紹介してくれたのです!!

↓このツイート

 

しかも

彼のツイートにある
「無料で提供する有料レベルの価値あるもの」 
という表現、そして時代の捉え方は見事だ。

 

褒めてくだされいまydbcdjlscんjl!!

自分が尊敬している人に褒められるのは純粋に嬉しいですよね!

ヒャッホー!!

まあそんな僕にとっての自慢話をしたいがためにこの記事を書こうとおもったわけではありません。

こういった機会に、こういった立場の自分にしか書けないものもあるんじゃないかと思い僕が今回感じたことを書いておきたいと思います。

ばかでもクソでも自分を発信していくことが大事!

1冊の本をきっかけに自分の読んだ本、自分のおもったことを発信していこうとこの読書ブログを僕は始めました。

昼間は普通に会社で働いていて、その合間をぬってこのブログを書いてます。

さっきも書きましたが、ブログを始めてまだ二か月くらいで記事を一つ上げるのにも四苦八苦状態。

ツイッターも同時に登録し、始めたのだがその時にリツイートやバズるって言葉を知ったレベルのナイスガイです。

嘘をつくのはよろしくないので、この際言っちゃいますが読書ブログを始めたのと、本格的に読書を始めたのも、全部最近のお話なのだ。

自分のブログ、自分の知識より価値のあるものはこの世に多く存在するのは百も千も承知している。

5年、10年ブログをしている人に2か月で勝てるわけはないし、10年、20年読書をしている人に知識量で勝てるはずもない。

それでもだ!

知識が浅いなりにも自分が思う事、その時自分がホントに共感できたこと、学びになったこと。

それらを自分の今持っている価値観で発信することには大きな意味がある。

僕を例に上げるならば、このブログの内容も自分の実力不足でまだまだ圧倒的にお粗末なものだし、ツイッターだって全然フォロワーがいない。

しかし、ブログやツイッターを始めていない二か月前の僕。つまり、何も発信していない

「ゼロ」状態であった自分より、確実に成長できているということ。

僕の場合、ブログをやらなければツイッターをやらなけらば発信力は永遠にゼロのままだったし、西野さんにひっかけてもらえることもなかったわけです。

これはまぎれもない事実といえますよね。

 

何者でもないのに「何もしない」を選択してしまっている人の危うさ

”危うさ”という表現が西野さんっぽくなってしまい、少々ヒトあたりが悪いかなと内心おびえていますが、今回この「ばかどく、キンコン西野のブログに登場事件」で僕が感じ、体験させてもらったのは

自分は何者でもない、価値ある人間じゃない、バカでもクソみたいなやつでも何か行動を起こせば面白いことが起きる可能性ってのは十分にありうる!ってことです。

西野さんのブログに僕が登場するなんて今まで想像もしてなかったですからね。

まあこんな素人でも取り上げてくれる優しい西野さんだからこその結果なんですが、それを差し引いても西野さんのブログに載るってすごくないですか?

タイトルにもさせてもらいましたが西野さんはラインブログランキング1位の常連です。

えんとつ町のプペルはメガヒット。その方法も今までにないやり方で注目をあび、しっかりと結果も残している。

影響力が半端ではないのと、ちょいとスケベチックなのは言うまでもない周知の事実ですよね。

でも悲しいかな。いや、悔しいかな…かな。僕自体にはまだ価値はない。

でもね、そんな僕でも自分を発信すれば価値のある人に反応してもらえたりするのだ!

今は価値のない僕だからこそなのかもしれない。

何が言いたいかというと、さっきも言ったがこんなクソな僕や

あんぽんたんな君でも価値ある何者かに触れて成長し、価値ある人になっていけるってこと!

そしてその逆もしかりで

何もしなければ「価値ある何者」かには一生なれないということ。

これは是非とも頭のド真ん中に入れておいてほしい。。

価値がないゼロの状態なら滑稽でも笑われても今以下になることはない

さっき記載した、西野さんがブログで書かれていた言葉にはまだ続きがある。

テレビやラジオなんて、まさに「無料で提供する有料レベルの価値あるもの」で、その番組のグッズや有料イベント、無料公開の合間に挟んだCM商品の売り上げで、”のちほど”マネタイズをしている。
そして、時代は今、その一つ先を行っていて、まずは(見返りを求めずに)与えることで、クレジット(信用)を貯蓄している。
ギブ&テイクから、ギブ&ギブだ。

このブログの冒頭で西野さんがこんな無名な自分を取り上げてくれたこと。

「無料で提供する有料レベルの価値あるもの」を見事!

といってくれた事に喜び、無邪気にはしゃいでいた僕がいましたよね?

でもね、よく見てほしい。

そして、時代は今、その一つ先を行っていて、

えっっ……!!

「うぇぇーーーい!!褒められたーー!!」と思っていたのだが、実際は

僕が放った言葉より、今の時代はもう一つ先に進んじゃっていたのだ!

要するに一つ遅れている事を最先端ぶってドヤ顔で発信するという南極レベルの寒いことを僕はしていたのだ!

でもそんなことも、発信してみないとできない経験だから!笑

気にしない!胃に悪いから!

間違っていても、否定されても、バカにされても笑われても関係ないんです。

まだゼロの地点に僕はいて、自分に失うほどのブランドもプライドもない。

ってことは今以上に価値がなくなることもないってわけだ。

だからこれからも何も恐れず僕は発信していきます。

今思ったけど、考えようによっちゃ何も失うモノのない今の状況って無敵だよね。

 

最後に僕が超!厳選したおすすめ書籍ベスト3を発表します!!

長ったらしく書いてきましたが最後にどうしても僕がおすすめしたい本をみんなに紹介したいと思います。

それでは

 

第3位!!

魔法のコンパス 道なき道の歩き方
西野 亮廣
主婦と生活社

 

続いては第二位!!
えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

posted with amazlet at 17.07.22
にしの あきひろ
幻冬舎 2016-10-21

これも普通におもろい!お話も、もちろんいいのだが絵のクオリティーが高すぎる!!
分業制の効果なんでしょう。見開き一杯に描かれた煙を突き抜けるシーンは圧巻です!!

僕も子供ちゃんとよく見る1冊です。
もってないってかたは是非!!
それでは栄えある第1位の発表です!!
 
それはこれ!!!
革命のファンファーレ ~現代のお金と広告戦略~
そうです。皆さんお気づきかと思いますが、ただの
キングコング西野をゴリゴリに押し付けているだけのランキングです。
順位審査の内容は報告できませんのであしからず。
とまあ、発表の仕方に少し茶目っ気が出てしまいましたが、
自分みたいなやつを取り上げてくれた感謝の気持ちをもって紹介させていただきました。
てかそれにかかわらず、魔法のコンパス、えんとつ町のプペルは僕がいうまでもないくらい
本当におもしろい作品だからね。
革命のファンファーレはまだ発売こそされていませんが、
きっと、超絶面白い作品のはずです!!
いや~読むのが楽しみですね。
それでは、またね!!
sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

2 件のコメント

  • minamiさんも読まれていますが、本田健さんの著作が、私がブログを始めた大きなきっかけです。

    40歳になるにあたって、どう生きていこうと思っていたとき、「40代にしておきたい17のこと」に出逢いました。
    (詳しくはブログに書いたので割愛します)

    本田健さんは、メンターの大切さを提唱されていますが、minamiさんは読書により、たくさんのメンターに出会われていますね^ – ^

    西野さんに至っては、直接のつながりまで!
    本当にすごいです!

    minamiさんの未来志向が引き寄せた結果ですね〜!

    読書会の記事を書いてくださると聞きました!楽しみにしています♪

    • たくさんのコメントありがとうございます!本田健さんの著書、ぼくも好きです!それに、本がメンターなのは間違いないです!メンターがいないと嘆くひとは本を読めばいいと純粋に思ってもいます。読書会の記事、書きます!ぼくの視点からなのでどう伝わるかはわからないですが、嘘のないよう正直な感想を書きますので、よろしければまたみて下さい(*^^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    「読書」と「考えること」が主食。読書から得た学び、これからの生き方・働き方について、主に書いているブロガー。 無職で結婚→日雇労働→副業サラリーマン(今)→面白いことで人生が埋め尽くされている(未来)→木(来世)