富田和成さんの鬼速PDCAを読んで その①【読書感想・書評】

sponsor


PDCAが「前進を続けるためのフレームワーク」である限り、それを、高速を超える「鬼速」で回し続けることで、会社、部署、そして個人が圧倒的なスピードで成果を出し続けることができる。さらに、前進していることを実感することで自信が湧き、モチベーションにドライブがかかり、さらにPDCAが早く回る。これが鬼速PDCAの真髄である。

 

どうも!

読書ブロガーのミナミ(Twitter♤)です。

今日は富田和成さんの著書、鬼速PDCAを読みました。

富田さんは今、株式会社ZUUという会社の代表取締役社長兼CEO。

大学在学中はIT分野で起業したり、卒業後は野村證券に入社され、最年少記録を出し続けていたというとんでもなく凄いお方だ。

本書はそんな富田さんの努力を100パーセント結果に変えてきたフレームワーク、PDCAについての本。

それだけでなく、冒頭の引用通り、そのPDCAを鬼速でぶん回し、成長スピードを10倍にするにはどうしたらいいのか、ということが書かれているPDCAの実用書だ。

また、本書に書かれているPDCAは、一般的なPDCAとは異なるものだと富田さんは作中でおっしゃっています。

そもそも、ぼくはPDCAというコトバすら曖昧にしか知らなかったので、そういった人のために軽くPDCAとはなんぞ?ってことをここで軽く説明しておく。

PDCAとは?

ざっくり言えば、

  • PLAN(計画を立て)
  • DO(実行に移し)
  • CHECK(検証し)
  • ACTION(調整する)

これを「P→D→C→A→P→D→C…」と繰り返し行い、より良い成果をだせるように考え、実行していくことを、英語の頭文字をとりPDCAという。当然、この繰り返し作業が速くなれば、成果をだすのも速くなるし、成長するのも早くなる。

では、実際にどうやって速くPDCAを回せばいいのか。

それを教えてくれるのが本書、鬼速PDCAである。

鬼速PDCAを読んで響いたところ

実用的なことは本書でしっかり学んでほしいと思うので、それ以外の部分で僕が共感したコトバをすこしだけ紹介したい。

ビジネス書からたくさんの刺激を受けて、「やっぱり自分ってこのへんが課題なんだよな」とせっかく気づいても、それを具体的な解決案に落とし込まないから9割の人は読んで終わりになってしまう。

これはギクリとしました。笑

読書ブロガーと名乗っているくせにギクリとしていいの?って感じはしますが、ここらへんは正直に書いておきます。

確かにおっしゃる通りで課題を見つけただけで学んだ気になっているときもあるような気がする。

そんなことでは何も成長しないですもんね。自戒の意味を込めて引用させていただきました。

強制的に「緊急領域」に移動する (中略) 個人であれば「1週間後に、勉強したことをまとめてブログにアップする」とブログ上で宣言してしまうことでもいい。とにかくその期日までに自分が成果をアウトプットできるレベルになっておかないとマズイ状況を無理やり作るのだ。

これやってるブロガーのひとホント多いですよね。結果報告とかみてみんな凄いなぁといつも感心しています。

でも感心しているだけじゃ何も手に入らない。

少しでも前に進めるように、僕も退路をなくします。

「前進を続ける人生のほうが絶対に楽しい」

これはホントそう。酒を浴びるほど呑み、二日酔いでパチンコ屋にむかっていたニートだったころの僕に言ってやりたい。

まあ、その頃のクソ野郎の僕には、言ってることが分からなすぎてこのコトバに響けないかもしれませんが。

そう思うと、人って変わるんですねぇ。

読書を始めて良かった。

このコトバが響く人間になれて良かった。

そう思いました。

まとめ

ここで爆弾発言なのですが、僕は本書をまだ全部読んでいません。

読んだのは読んだのですが後半はほぼ目を通しただけです。つまり、PDCAを鬼速で回すという1番重要な部分をまだちゃんと読めていないのです。

それは何故か。そもそも鬼速でまわすPDCAが今の僕にはなかったから。

本書の前半はPDCAをどう行っていけばいいのかがこと細かくかかれているのですが、その時点で速く自分で実践したい!体感したい!とずっとぼくはうずうずしていました。

このようにすぐにでも試したくなる本なんです。それに、1回読んだから終わりというような本でもない。

本は読んだら売る派の僕なのですが、この本とは長く付き合っていきたいなと思いました。

すくなくとも鬼速でPDCAをまわせるようになるまでは手放せません!!

というように、PDCAというワードすら知らない人からPDCAをすでに取り入れている人まで幅広く読める良書だと僕は思いました。

この本については3か月後、半年後ぐらいにもう一度記事を書きたいな。と思いますが、

ここでご報告。

わたくしごとですが、とりあえず本書にある「10分間PDCAシート」なるものがあるのですが、それを実際にやってみて、

先にも書いた通り、退路を断つためそれをブログで宣言したいと思います!

実践して始めて、読書とは有意義なモノになる。

だからすぐ試してみるのです。

それに、最初に決めなければいけないゴール設定だけはもう決まってる。それは…

このブログの来月PV数を今月の倍にする!!です。

詳細はまた近日書きます。僕がホントにそれを実行し、達成するのかをあなたの目に焼き付けておくことは、もう権利なんかじゃない。

義務だと思うんだ。

 

最後はRADWIMPSの壮絶なパクリで、ピシッとしまりましたね。

それでは、10分間PDCAシートやってきます。

 

 

続く…

 

本書が気になった方は是非チェックしてみてね!!

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。