働く君に伝えたい「お金」の教養:出口治明【読書感想・書評】お金について不安を感じる人に。

sponsor


どうも!ミナミ(Twitter)です。

突然ですが、「お金」に関する不安を感じたことはありませんか?

僕はあります。というか、今も感じてます。

そもそも、なんで「お金」というワードに不安を感じるのか。それは、「お金」についての勉強を僕はしてこなかったから。が、僕の意見。

僕が学校の授業をしっかり聞いてこなかっただけなのかもしれませんが、僕の思い起こす限り、学校でお金の稼ぎ方や、投資、年金や保険などなど、そういった「お金」にまつわることを教えてもらった記憶はありません。

それでも、お金は毎日使う。これからも使い続ける。そのためにはずっと稼いでいかければいけない。

結婚して子供が2人いる僕にとっては、生活していくだけでもある程度のお金が毎月必要ですし、子供が大きくなれば学校の入学費用など、まとまった金額が必要になる場面もこれからでてきます。

また、家族や子供の教育以外にも僕にはやりたいことがある。

お金を稼ぐとか、お金を増やす、そもそもお金に関した全てのことに、批判的な反応を見せる方もいますが、僕はその考えに断固反対。

僕はお金に対し、強くなりたいと思っています。

そのためには、一にも二にもまずお金についての勉強が必要不可欠。そんなことを思いながら手にとった本がこれ。

出口治明さんの、働く君に伝えたい「お金」の教養 人生を変える5つの特別講義です。

出口さんは、ライフネット生命の代表取締役会長兼CEO。ここには書ききれませんが、一言でいうと、お金についての教養がない僕にとっても、この人はお金について絶対に詳しいとわかる経歴をお持ちの方です。

本書のはじめに、こんなことがかかれています。

お金のことで死ぬまで不安に思うことなく、楽しく生きていけるようになること。お金に支配されることなく、お金を支配できるようになること。これが、本書のゴールです。

このコトバ通り、本書を読み終えた後、お金に対する不安な気持ちは大きく薄れました。

さすがに読んだだけで何もかもから解放されるわけではないです。当たり前ですが、行動に移さないと何も変わりはしません。

また、本書のオビに「20代の新しいお金づきあい入門」と書かれている通り、お金の知識にある程度の自信がある人にとっては、少々読み応えが薄い内容になるのかもしれない。

しかし、僕みたいな「お金の教養なんか全くないで!!」という方にとっては、お金に対する考え方や姿勢はお金に対して不安を大きく感じてる人ほど、劇的に変わる。

それでは、僕が共感し学びになったところを、引用を交えながら書いていきたいと思います。

不安の元凶はバブルおじさん

バブル時代を生きた人はやれ「最近の若者はお金を使わない」だとか、「家はできるだけ早く買え」だとか、さも経済が潤わないのは若者がお金を使わないからだと言ってきたりしますよね。

ここらへんのことは最近読んだ家入さんの本にも似たようなことが書かれていたのでその時もブログに書かせてもらったのですが

生きずらいと思うあなたへ。なめらかなお金がめぐる社会。家入一真

これは本書にも書いてあった通り、そのバブル思考、価値観は間違っているとぼくは思う。時代錯誤、とでもいうべきか。

そもそも、生きてる時代環境が僕たちとバブル世代では大きく違う。その変化を捉えていないにもかかわらず、昔の考え方が正義と信じてやまない人たちが何やら知った風なコトを言っているだけにすぎない。

本書には、こんなコトバが書かれています。

日本の経済成長率が低いのは、若者が消費しないからではありません。人口の減少と政府の経済運営のマズサ(構造改革の遅れ)が原因です。反省すべきはバブルおじさんとその上の世代。みなさんの責任ではありません。

バブルおじさんの発言を鵜呑みにするのは危険だ!ってこと。

もちろん、そんな時代に生きていたからといってそんなバブルおじさんみたいな人ばかりではない。

賢い人は、どの時代にも必ずいる。

大切なのは、誰のどんなコトバでも全てを信じるのではなく、自分の頭でそれはどうなんだろう?と何にでも問いを持ち、考えること。

これが僕が本書を読んで感じ、学びになったところの1つです。

就業不能保険って知ってます?

医療保険や死亡保険、また積立タイプか掛捨てタイプ。保険と一口にいってもホントに様々なモノがこの世にはある。

その中で出口さんが、特に20代にススメしている保険。それが「就業不能保険」です。

どんな保険かを簡単に説明すると、病気やケガで働けなくなったとき月々もらっていた給与のように給付金を受け取ることができる、というもの。

本書で生きるリスクに対し、出口さんはこのように述べている。

みなさんが抱えているいちばん大きなリスクは、働けなくなって、蛇口から出てくる水が止まること。収入が途絶えてしまうことです。

この保険が全ての人にとって良いとは限らないとは思う。でも僕にとっては、とても良さそうなものだなという印象を受けました。

というか、そもそも僕は保険についてあまり詳しく勉強をしてきませんでした。

でも、保険て家族や子供がいればホントに重要なモノで、同時に毎月の固定費として必ずかさむ大きな出費でもある。

だからここを深く考えるということは「お金の教養」にも大きく繋がるってのは間違いない。

もう一度、自分の保険についてしっかり見直し、今入ってる保険よりももっと自分に合ったものがないのか調べてみよう。そう思いました。

自己投資とは

 

サラリーマンの生涯年収は高卒で2億円、大卒で2億5000万円といわれているらしい。

高卒の人ならこれを2億円という価値から2億5000万円・3億円というふうに自分の価値を上げていく、これが自己投資というもの。

自分の価値を上げるモノは何か。

そんなものはなんでもいいのです。料理だっていいし、読書でもいいし、サッカーや草野球でもいい。というよりむしろ、ホントにその人に合った価値とは何なのか、そんなものは誰にもわからない。

ただ、何もしなければ永遠に2億円という価値から上がることはない。それは、確かだ。

自分の好きなモノには、お金と時間をかければいい。それが何かのキッカケで、いつか100万円、1000万の価値を生み出すかもしれない。

本書で、僕が特に心に残ったコトバがこちらです。

将来何がどう役に立つのかは誰にもわかりません。けれど、ただ空いたじかんをぼーっと
過ごすのであれば、ひょっとしたら将来実をつけるかもしれないことにお金と時間をつぎ込んでみてはいかがでしょう。2億円をどれだけ膨らますことができるだろうかと考えると、なかなかエキサイティングな投資に思えませんか?

ホントにその通りだと思います。自分ももっと自分に投資していこうと思えました。もちろん、家庭をひっくり返すほどの自己投資はしません。

何事も家族が1番ですから。

お金に振り回されないために

他にも紹介したい面白い話はたくさんありましたが、これ以上は本書をじかに読みお楽しみいただくのがいいかと思います。

もう少し、もう少しだけ本書を紹介するなら色んなモノゴトは、歴史から学ぶことが大切だと仰っている部分があるのですが、そこらへんの話も僕的にはスゴく面白かった。

ここ最近のバブル時代の歴史だけではなく、もっと昔、それこそ本書では縄文時代にまでさかのぼり、お金や生き方について解説してくれています。

お金に振り回されてるのは、お金を稼げていないから、という理由もあるのは確かだと思う。

ただ、お金を稼いだとしても、お金についての教養がなければ、お金に振り回される状況を変えることはできない。

もっとお金の勉強をしよう。もっとお金に対して強くなろう。

本書を読み、ますますお金についての勉強意欲を駆り立てられました。

出口さん、良い本をありがとうございました!

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「読書」と「考えること」が主食。読書から得た学び、これからの生き方・働き方について、主に書いているブロガー。 無職で結婚→日雇労働→副業サラリーマン(今)→面白いことで人生が埋め尽くされている(未来)→木(来世)