結婚記念日お祝いレターが嬉しすぎた件(泣白目)【レターポットメモ】

sponsor


平成22年2月22日

縁起のスコブル良さげなゾロ目のこの日。

ぼくは嫁と結婚しました。

ですから、昨日はぼくたちが結婚してからちょうど8年という記念日だったのです!

いやぁ、はやい。

ホント、あっという間に時間は過ぎていくのだなぁと、しみじみ感じております。

…そんなじいさんみたいな感想はさておき、

昨日ぼくはこんなツイートをしてみた!

「誕生日にレターを」はまあ見かけたことがあるのですが、「結婚記念日にレターを」はまだ見たことないなぁと。あくまで個人的に、だけど。

何気なくのツイートだったのですが、思っていた以上にレターをいただくことができたので、とても嬉しかったです!

ホント、あなたたちは「人を喜ばす天才か!」と言いたくなるコトバばかりが、ぼくのレターポットにズラッと並びました。

その数、なんと22人!!

 

もうホント感謝しかないです。

 

「レターポットなぁ…」

「というかコトバを送って何か意味あるん?」

 

と言っていたうちの嫁ですが、このレターを見せた時ばかりは何やらまんざらでもないような喜びの表情を浮かべていました。笑

ぼくも何となく嫁に勝ったような気がしたので、皆さんを代表して「レターポットってええもんやろ?」というドヤ顔を決め込んでおきました。

 

もらったレターなのですが、1部を台湾支援に使わせて頂こうと思っております。

てかもうすでに使いました。

レターポットを始めた時は、まさか自分の結婚記念日が何かの支援に繋がるなんて思いもしませんでした。

貰った恩を、誰かの支援に。

こういったことができるのも、「レターポット」の良さですよね。

偽善者と言われるのが嫌で、こういった支援をしたことがない日本人というのは結構多いのではないか。

ぼくもその気持ちはなんとなくわかる。

レターポットはそういった方々の支援に対する考えを和らげ、支援をしやすくしてくれる可能性もあるのかもしれない。

そんなことも今回の件から学ばせていただきました。

 

改めて、

結婚記念日お祝いレターをくれた皆様、
ホントにありがとうございました!

 

最初はレターを送ってくださった方々一人一人の名前を上げ、ここにお礼の言葉を書いていこうと考えていたのですが、それが嫌な方(露出したくない方)もいるかもしれないので、それはやめておきます。

ホント、いい記念になりました。

感謝しかないです。

ありがとう(ぼく&嫁)

 

 

 

いただいたレターでおこなった台湾支援はこちらです⇩

 

 

 

 

 

 

 

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「読書」と「考えること」が主食。読書から得た学び、これからの生き方・働き方について、主に書いているブロガー。 無職で結婚→日雇労働→副業サラリーマン(今)→面白いことで人生が埋め尽くされている(未来)→木(来世)