ノマドライフ:本田直之【読書感想・書評】  「自由」に生きるために捨てる「不自由」な3つのもの

sponsor


ノマドライフ
好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと

仕事と遊びの垣根のない、世界中どこでも収入を得られるノマドビジネスを構築し、二カ所以上を移動しながら、快適な場所で生活や仕事をする事で、クリエイティビティや効率性、思考の柔軟性が向上し、それが良いスパイラルになるライフスタイル。

これが今回僕が読んだ本の著者、本田直之さんの定義するノマドライフです。

本田さんの著書を読むのは僕にとってはこれが2冊目。

タイトルにもある通り「ノマドライフ」を送るにはどうすればいいか?

どうすれば本田さんのように場所や時間に縛られず「自由」に生きていけるのかという事を著者の実体験を元に書かれている。

その中で自由い生きていく為にこれは捨てたほうがいい!とか、こんな考え方があったんだ!って感じたものを引用を交えて感想を述べたいと思います。

昇進を断るという選択

『昇進を断るという選択肢もありうる』と受け入れる準備をしたら、もっと身軽になれます。

昇進というのは給料が増えて肩書きもカッコよくなるし、いい事だらけのように感じる。

実際そう思う人がほとんどだと思うし、そう思える人はガンガンその会社で上を目指せばいい。

ただし、それは縛られる時間も同時に増えるということ。

会社員である事がそもそも縛られてるわけなんですけど、

会社をやめるなんて事をいますぐできる人ってのは少ないだろうし、

実際今の僕にもできるようなことじゃない。

それでも将来は縛られずに自分らしく生きていきたいっていう人は頭に置いておく価値がある言葉だとおもう。

昇進を捨てた事で使える時間を、自由に生きるための準備に使う。

そんな考え方を今までしたことがなかった僕にとっては凄いインパクトのある言葉でした。

思い込みを捨てるという選択

「本業」などなくてもいいというのが、私の意見です。「仕事は1つ」という思い込みは、捨ててしまっていいでしょう。

ここで捨てるのは自分の思い込みです。

今の仕事以外にも自分ができる事、したい事を少しずつでもいいから全部やればいいんです。

僕は今の会社で大雑把にいえば管理職をしています。

でも一冊の本をきっかけにこのままじゃいかん!と思って、本をもっと読もうと決めました。

じゃあ読んで思った事や感じた事を発信したくなってこのブログを始めました。

他にも音楽が好きでライブを見に行ったり、たまにギターを触ったりもします。

子供が2人いてるので子育てについても勉強中です。

これら全てが将来仕事になる可能性はうすいのかもしれない。

というより今の自分では、全部が仕事にならない確率の方がずっと高いだろう。

でも何かが繋がって仕事になったりしたら面白いだろうなという気持ちで取り組んでいます。

本業一つだと何かあった時に対応できないのも事実です。

色んな種だけは蒔いておく。お得な事はあっても決して損な事にはならない。

そう思いませんか?

持てるけど、持たないという選択

持てるけれど、持たないという価値観。節約ではなく、選択。暮らしでも仕事でも、やり方を工夫し、追求した上でのシンプル。減らすことで自由が増えるという、いわば前向きなシンプルが、ネオシンプルということです。

これがノマドライフの真骨頂か!と感じた文面です!

物質的なものが多いほど身動きが取りづらくなる。

ならばいらないものは捨てちゃおう!そうする事で身軽になり、より自由に近づく。

仕事の書類やファイルもノートパソコンやアイフォンなんかに出来るだけ詰め込む。

そうする事で場所にとらわれる事なく働けるようになる。

会社の事務所でしか働くことができない。旅先では仕事なんてできない。

そんなのはもうナンセンスなんですね。遊びを仕事にできるスキルはまだないけど、少しずつでもそうできるように生きていきたいもんです。

 

とまあ僕の独断で3つだけ挙げてみましたが、他にも捨てて自由に近づくものや思考はたくさんありました。

ノマドライフをいきなり明日から始めるのは無理です。

本田さんも今の仕事を続けながら準備をしていくことをお勧めしていました。

実際本田さんもこのノマドライフを始めるまでに15年かかっています。

別にこんな生き方をしたくないって人もいるだろう。

今の会社が好きで今住んでいる場所からは絶対離れたくない。そんな人が読んでもあまり意味はないのかもしれない。

でも自由に生きていければな。と思ってる人は絶対にいる。それも少なくはないはず。

特に男はみんなそうだろう!(根拠はないです)

そんな人は是非この本を読んでみてほしい。

自由というものに少なからず近づけるはずだ。

本田さん、いい本をありがとうございました!

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。