【献本紹介】なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣/本田晃一

sponsor


胡散臭い!

これが、「強運が舞いこむ」というタイトルを見たときに、ぼくがはじめに感じた率直な本書への印象でした。

だってそうでしょう。

そもそも「運」というモノ自体、あるかどうかも疑わしいのですから。

運が良いとか悪いとか、ツキが落ちたとか上がってきたとか、なぜか運は当たりまえのようにある前提で話すひとがこの世には多くいますが、ぼくには全く理解できない所業です。

 

「運」なんて、本当にあるのか。

それは、本書を読み終えた今もわかりません。

しかし、「運なんてない」と思っていたからこそ、何事も上手くいかなかったり些細なことでいじけたりしていたのかもしれない。

もしかすると「運」は本当にあって、それをコントロールすることで人生はより良い方向へと舵を切り、上向きに進んでいくことができるのかもしれない。

というか、運があろうがなかろうが、大切なのはそれがあると信じ、自分は本当に運の良い人間だと思い込むことなんだな、

と本書〝なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣″を読み、おもいました。

なんか知らないけど、強運が舞いこむ
すごい習慣の著者と概要

本書は、本田晃一さんという方が書かれた本です。

本田さんは、インターネットが普及し始めた2000年頃にいちはやくネットマーケティングの大切さに気付き、

それらについてのコンサルを始めたところ依頼が殺到し、当時は「ネットマーケティングのパイオニア」とも呼ばれるほどのヒトだったそうです。

また、ぼくのブログでも読書感想を書いたことがある心理カウンセラーの心屋仁之助さんとお付き合いがあったり、本田健さんの元で働いたことがあったりと、交友関係も幅広い方であります。

参考記事>
「つらいから、会社やめます」が言えないあなたへ/心屋仁之助【読書感想・書評】

大好きなことをやって生きよう!:本田健【読書感想・書評】多数派の「できっこない」なんて信用するな!!

 

本書は、運について主に書かれてる本です。

ですが、ぼく的には運についてというよりかは、モノゴトの捉え方・考え方を変えてみる。

つまり、「思考を転換」することができれば、人生は今よりもっと明るくなるといった自己啓発的な本だったと感じました。

終始オカルト的な内容なのかなと読みはじめるまえは思っていたのですが、全然そんなことはなかったです(オカルト的なモノが100%ないわけではないですが)。

ですから、ぼくのような「運」とか「ツキ」といったモノをあまり信用していないヒトでも楽しく読めるとおもいます。

むしろ、そういったぼくのようなヒトたちにこそ、本書は読まれるべきなのかもしれません。

運なんて信じていないけど、もし本当に運があって、それらを取りこぼしたり無意識に捨ててはムダにしているのかもしれいとおもったら「それはなんか嫌だな」と、あなたはおもいませんか?

もし、今すこしでも頷いたのなら、本書を読んでみる価値は少なからずあるとおもいます!

また、ぼくが本書を読み、心が動いたところを自分用にメモしたモノを下に貼り付けておくので、

そちらも併せて見ていただき、本書購入の検討材料にでもして下さい!

読書メモ

 

読書感想まとめ

ぼくたちはみんな、産まれたときからすでに強運を持っている。

だって、この世界に産まれてきたこと、いまを普通に生きていること自体がとても強運なことで、幸せなことなのだから。

それでも、「自分には運がない」とか「何をやっても上手くいかない」といった思いを抱えつづけているのなら、

それは運とかツキといったはなしではなく、自分のなかに根本的な問題がある。

自分自身の思考やモノゴトの捉え方がまちがっていれば、どんなに願おうが「強運」になんてなれない。

逆に、そこさえ変えてあげることができれば、ヒトは誰でも「強運」になれる。

「運がいい」とは、モノゴトをプラスに捉える姿勢、何事にも感謝できる心のありようのことで、その延長線上にじぶんでは想像もできないような力が働く「強運」があるのではないか。

そんなことを本書〝なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣″を読み、おもいました。

最後に、この度献本して頂いた小倉碧さん@Re_Me_Di_Os 

本書の著者・本田晃一さん@hondakochanに、感謝の気持ちを伝えて終わりたいとおもいます。

本田さん、今までにない視点での考え方、捉え方を教えてくれる面白い著書を届けてくださり、本当にありがとうございました!

そして、小倉さん!自宅のポストを開けたとき、身に覚えのない本が入っていたので今回のサプライズ献本にはとても驚かされましたが、それと同時にメチャクチャ嬉しくもありました!

お二方とも、本当に、ありがとうございました!

 

P.S.お手紙、大事にとっておきます(*^^*)👇

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ👇
元気が出ない時に試してほしい9つのこと。

自分のペースはただの甘えなのか。

なりたい自分を見つけたいなら、自分の死について考えてみるといい。

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「読書」と「考えること」が主食。読書から得た学び、これからの生き方・働き方について、主に書いているブロガー。 無職で結婚→日雇労働→副業サラリーマン(今)→面白いことで人生が埋め尽くされている(未来)→木(来世)