モーニングページを2週間続けてみたのでその感想を書いていく。

sponsor


どうも!

カフェで作業することはカッコいいことだとおもってるクソダサい男、

読書が愛人(@baka_doku)です。

 

今日はモーニングページを2週間続けてみた率直な感想を書いていきたいとおもいます!

モーニーングページ!?

何やねんそれ!!

って方も当然いると思うので、その辺りも詳しく説明していきます!

ではさっそく、本題に入っていきましょう!

モーニングページとは?

モーニングページとは、ジュリア・キャメロンさんの著書〝ずっとやりたかったことを、やりなさい。″で紹介されているモノで、

毎朝、3ページほど自分の頭に浮かんだことをひたすらに書きなぐるというものです。

考えて何かを書いていくのではなく、ただ自分の意識の流れをズラズラーっとコトバにしていく感じです。

本書では、モーニーングページのことを「脳の排水」と表現しているのですが、まさしくそのコトバ通りに書けばいいとおもいます。

また、なにを書けばいいのか分からないというときは、なにを書けばいいのかわからないと永遠に書き続ければ良いのだそう。

このように、モーニングページに書いちゃいけないモノはありません!

ただ、ひたすらに、書く。

これがモーニングページです!

モーニングページをはじめる理由

ではなぜそんなことをするのか。

それは、自分のやりたいことや本当に好きなことを見つけるためであり、人間が持つ本来の創造性を取り戻すためだと、提唱者は言っています。

無意識レベルの意識に毎朝向き合うことで、自分を見つめなおす。

そうすることで自分が求めている本当の何かを探り当てるために、モーニーングページはあるのだと。

いざやってみると他にもモーニングページをやる価値はあると感じたのですが、それは後ほど感想と併せて紹介していくとします。

モーニングページのルール

朝の15分~30分を使って書く

モーニングページといわれるぐらいですから、当然朝に書くことが第一のルールです。

それも起きたら真っ先に書きましょう。

何も情報を入れていないクリーンなあたまで書き始めることが、モーニングページでは何より大事だからです。

それと、モーニングページの提唱者は3ページ分書くことをおススメしているのですが、ぼくはこれ、守ってないです。

というのも自分が使ってるノート(B4の大学ノート)でそれをすると、恐ろしく時間がかかってしまうからです。

ですからぼくは毎日1ページにしています。これでも普通に20分~30分くらいかかりますからね。

とにかく続けることが大事なので、そのあたりも踏まえながら、文字数・ページ数については設計してみるといいとおもいます。

誰にも見せてはいけない
自分でも8週間は見てはいけない

モーニングページは、人に見せてはいけません。

人の目線を気にして書いちゃうと、本当の自分が書いたものではなくなってしまうからです。

自分を見つめなおすツールがモーニングページです。ですからヒトにはくれぐれも見せないようにしましょう。

また、モーニングページをはじめてから8週間は自分で見ることも禁止されています。

時間を空けて見返すことで、自分をより客観的に見ることができるからなのだとか。

ですから読み返したくなっても8週間は我慢しましょう。

手書きで書く

スマホやパソコンではなく、ノートに手書きで書きましょう。

そうすることで後から読み返したとき、より感情を正確に思い起こすことができるからです。

これも大切なルールなので、しっかりと押さえておきましょう。

 

以上がモーニングページに関するルールです。

特にこれと言って難しいものはないです。この難しくないというのが、モーニングページの味噌です

なぜか。次はその訳について自分が体験しておもったことを交えながら、書いていきたいとおもいます。

モーニングページを2週間続けて
思ったこと、分かったこと

あたまがスッキリする

モーニングページを書き終えると、不思議とあたまがスッキリします。

これがまずはじめに感じたことです。

脳の排水作業だというのも頷ける!脳から要らないものを吐き出したような、そんな感覚を体験することができました。

モーニングページに限らず、何かを書き出すことは不安や迷いを和らげるためにもいいとよく言いますからね。

それを実際に感じることができたのも、モーニングページをはじめて分かったことのひとつです。

アイデアが浮かぶ

ズラズラーっと書きなぐってると、ふとこんなことを書いてみたいなとか、こうすればあの作業はもっと効率化できるなというアイデアが結構浮かんできました。

何気ないことでも1ページ書くとなると、まあ書くことがなくなります。そんなとき、ポンっと何かがあたまに浮かぶのです。

書くことがないから小さなキッカケすら逃すまいと、脳が普段より活発に働いているのかもしれません。

科学的な根拠はないですが、いずれにせよ書くことを趣味としているぼくにとって、これは嬉しいことのひとつでした!

ポジティブになれる

先ほども少しふれたようにモーニングページはいくつかのルールがあります。

しかし、書く内容については何のルールもありません。つまり、このハードルの低さは、そのまま継続してやっていきやすいに直結するということ。

そしてこの継続できること、続けるという行為は、思いのほか自分に肯定感を与えてくれる。

「継続」という小さな成功体験を積み重ねることで、自分を肯定できるようになり、自信が持てるようになる。

これもモーニングページをはじめて得ることができた大きなモノのひとつです!

朝起きるのが楽しみになる!

モーニングページをはじめて何日かたったある日、朝起きるとモーニングページを書くことを楽しみにしている自分がいました。

これは自分でもびっくりした!笑

ですから朝が弱いひと、苦手なひとにも、モーニングページはおすすめです!

だって、朝起きること自体が楽しみになってくるのですから!

まとめ

いかがでしたか?

以上がモーニングページを実際に2週間つづけてみた自分の率直な感想です。

この記事を書いている最中にも改めて感じましたが、ホント、モーニングページはぼくのような怠け者にはぴったりのツールです。

だって、何を書いてもいいし、時間もそこまでかからないから、続けるためのハードルがとにかく低い!

そのうえ自分にプラスになることばかりってもうコスパ良すぎだろ!と言わざるを得ないです。

 

これからもモーニングページを続けていこう。

今は純粋にそうおもっています。

 

これを気にあなたもモーニングページ、初めてみてはいかがですか?

自分では気づいていない自分に出会えるかもしれませんよ!?

 

 

以上、暑くも寒くもない、会社のデスクからでした!

おしまい。

参考著書👇

 

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。