「賢い子」に育てる究極のコツ:瀧靖之【感想・書評】

sponsor


今日はこの本、瀧 靖之さんの「賢い子」に育てる究極のコツを読んだよ!

瀧さんは東北大学加齢医学学研究所教授であり、医師、医学博士でもある。

本のタイトル通り、16万人の脳画像を見てきた脳医学者の目線で書かれた育児本とでもいうのかな。

子供を賢く育てる秘訣。子供の脳の特徴や、伸びやすい時期。脳を活動させるために大切な事。親が子供にしてあげるべきことなんかが書かれている。

子供を育てる、教育するというのはそもそも正解なんかないわけで、人や環境が違えば大きく変わる。

スポーツをさせたい親もいれば、絵を描きたい子もいる。学校の勉強なんかしなくてもいいよ!って家庭もあるかもしれない。

それでも、少しでも子供の将来のために何かできることがあるならしてあげたいという思いは、どの親も思っているはず。

そういう人にはおすすめの本で、子供との付き合い方や教育方針の参考にとてもなると思う。

賢くなり、成績が良くなれば将来の選択肢が広がります。それは子供が

『何かをしたい!』

と思った時にすごく役立つはず。

では、どうすれば賢く育つのか。引用を交えて感想を述べたい。

子供を育てる秘訣は『好奇心』にあり!

好奇心があれば、親が思っている以上に子は育つ、その好奇心を引き出してあげる事が賢い子に育つ秘訣と書かれている。

好きな事で脳を動かすのは脳科学から見てもとてもいいのだ。さらにこんなことも書かれていた。

脳には、『汎化(はんか)』という特徴がある。これは、何か1つの能力が伸びると、それに直接関係しない部分の能力も伸びていくというもの。

時間の許す限り子供の好きは、とことんやらせてあげた方がいい。

しかも、それが脳にも良しとされてるなら、なおさらいいですよね。

好きな事ばっかりしてないで勉強しなさい!はもう古いってわけです。

 

寝る子は育つはホントの話

脳の司令塔であり記憶を司る海馬の成長が睡眠の量に、はっきりと影響を受けることが分かってきている。睡眠は海馬を育て勉強効率を上げる。

やはり脳にとっても睡眠はすごく大事な事で、子供の脳の成長には特に大きな影響を与えるのです。

子供の成績をあげたいのなら、これからは『早く寝なさい』がキーワードになってくると、著者は言っている。

寝る子は育つとはよくいったものだ。

体が大きくなるだけではなく、脳の成長にも関係するのだから。

好きな事をできる限りさしてやり、夜は早めに寝かす。

これが、我が家の方針になりそうだ。

 

瀧さん、いい本をありがとうございました。

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。