革命のファンファーレ【感想、書評】40ページ無料公開!

sponsor


「やりたいことが見つからない」と言う人がいる。

革命のファンファーレはこんな一文からはじまります。

文字通り、やりたいことが見つからない。

そんな人にとっては、言うまでもなく格別の一冊になるであろう。

だがそれだけの本ではない。

これは、あなたのこれまでの常識を変え、これからの人生に大きく影響を与えてしまうほどの強烈なモノだ。

昭和の価値観を未だにフル装備している人にとっては何1つ理解できないかもしれない。

でも断言する。

その装備では確実にこれからの時代を戦ってはいけない。

ゲームで例えるなら、ストーリーを進めていくたびに敵はどんどん強くなっていく。

となると、当然その時に見合った勇者のレベル、経験値が必要になってくるし、その時の敵に合わせた装備がなければゲームを進めていくことはできない。

人生も考え方はまったく同じ。

その時の時代にあった生き方戦い方というものがある。

そんな今の時代に必要な「戦闘方法」とはどういったものか、「良質の装備」とはどんなものか。そして、それらを使いどうやってこれからの人生を自分のやりたいように進めていくことができるのか。

言うなれば、これからの時代を生きる為の攻略本。それが本書、革命のファンファーレである。

どうも!

読書ブロガーのミナミ(Twitter)です!

名前だけでも憶えてくださいね!

今回の記事はなんとキングコング西野さんが書かれた発売前の著書、革命のファンファーレです!

キッカケはこれ。

キングコング西野公式ブログ 出版前の本の原稿、あげる

読み飛ばしたい方に簡単に説明すると、原稿が欲しい方は西野さんにラブレターを書いて、西野さんが気に入れば(実際のこまかい判断基準はわかりません。)原稿をもらえるというもの。

んで僕の送ったラブレターがこれ。

ディス・ラブレター

まあ要は西野さんによる圧倒的神対応で、こんなことが現実になったのです!

本当に、ありがとうございます!

どんな本?

話を本書に戻します。

冒頭で書いた内容や感じたことは、僕が読み終えて最初に思った感想です。

やりたいことがみつからないって方はとりあえず問答無用で読みましょう。てかここに当てはまる人は魔法のコンパスから読んでみるのをオススメします。

キングコング西野さんの魔法のコンパスを読んだよ!

後は、やりたいこと、夢があるんだけどどうすればいいのかわからない。って人。ここに当てはまる人には、自信を持ってオススメしたいです!

何故か。

西野さんはクラウドファンディングでの勝ち方を日本一分かっている人だからです!

クラファンを実体験でここまで語れるのは西野さんぐらいのもんです。

それ、何よ?、ていうか、夢とクラウドファンディングって何か関係あるの?って思った方はとりあえず本書を読もう。

知ってて損をすることは絶対にないから。

また、クラウドファンディングで使える小技なんかも書かれていてるから、今後、クラファンに挑戦するって方にもいい1冊になること間違いなしです。

他には、いつか僕は本を出版したい。

というニッチな人にもムフフな話が書いてあったりするから面白いぞよ。

まあ誰におすすめかはこれくらいにして、

本書革命のファンファーレを読み僕が共感し、学びになったコトバを感想を交えながら書いていきたいと思います!

 

※2017/11/3追記

西野さんがオフィシャルブログで前半40ページを公開していたのでリンクはっときます。

キングコング西野公式ブログ 革命のファンファーレの前半40ページを無料公開してみた

革命のファンファーレ
感想と名言

仕事を1つに絞る意味

 人差し指を1本立てた男性

やりたいことを掛け持つことや、やりたいことに迷うことは、これからの時代を生き抜く術だ。ー著書、革命のファンファーレより抜粋

このことについては、堀江貴文さんなど、ビジネス界の重鎮たちが揃いもそろって同じことを口にしていますよね。

実際、僕が今まで読んできた5冊以上にもなる本にも、よく書かれていることでした。

なんだ、みんなが書いてるなら読まなくていいじゃん。ではなく、

そこまで成功されている人たちが言うのだから、よほどこれからの時代には大切な考え方なんだなとおもいました。

終身雇用や将来安定はもはや死語。

そんな時代に生きていく術が1つしかないほうがよっぽど、危険。

働くこと、やりたいことを、1つに絞る意味なんてないのです。

ちなみにだけど、本はもっと読んでるからね。

イッツ、ジョーク。

嘘つきのはじめ方、終わり方

嘘をついている女性

噓は「感情」でつくのではない。我々は「環境」によって噓をつかされる。ー著書、革命のファンファーレより抜粋

これホントそう。耳が痛い。

お得意先の接待、上司の機嫌取りなど、あなたはいつも本音の自分で喋れていますか?

普通のサラリーマンの方は圧倒的に「喋れていない」に軍配が上がるのではないでしょうか。

何故か。

嘘をつかないと仕事をとってこれないし、嘘をついて機嫌をとらないと食っていけないから。

嘘つきは泥棒がはじめたのではなく、あなたのいる環境がはじめたこと。

これを見て自分の現状にハッとし、落ち込んでしまった人がいるのならこれだけは伝えておきたい。

僕も君と同じだよ、と。

でもね、大丈夫。自分次第でこれから先はどうにでもなる。

多分ね。笑

…まあ、頑張っていこうぜ!それしかない!

個性とは

 

「これからの時代は個性がなければ生きていけない。」

こういった言葉をツイッターやブログで最近よく見かける。

それがSNSを使ってなのか、ブログでなのか、そこはなんでもいいから

もっと自分の思うままに発言したり、やりたいことをやりたいって言え、と。

僕はどうしてもこれが腑に落ちなかった。

何故かというと、個性をだせ!という人たちのコトバも誰かが言ってたコトバであることが多いからだ。

なのに、他の人には「それ、あの人がいっていたコトバだよね。」とか言って個性がないと否定してくる奴。

そういった人を僕はどうも、好きになれない。

じゃあ「個性」って僕にとって何なのだろう?

本書にはこんなことが書かれていた。

多かれ少なかれ、皆、家族や友人やテレビやネットから吸い上げた情報を編集し、自分なりの答えを出している。自分の個性というのは編集結果だ。ー著書、革命のファンファーレより抜粋

これだ!!激しく同意!!ハゲドウ!!笑

僕の思いを西野さんが論破してくれました!

本書に書いてある数ある名言の中で、僕がとても響いたコトバです。

 

革命のファンファーレ【感想・書評】
まとめ

 

他に、本書を読んで思ったことは、西野さんは全てにおいて行動理由がある人なんだなーと感じました。

自分の望む結果を出すために細かい仕掛けをたくさん打ち、ダメなところがあればその都度修正していく。

常に実験を繰り返す科学者みたいな人だな、と。

そういった実体験の話なんかも面白かったです。

本書を読んでいるときに僕も実験してみたい事が思い浮かんだので近日始めたいと思います。

なんでも行動!行動あるのみ!

まあそんな僕の話はおいといて、革命のファンファーレ。

率直な感想をもう一度言わせてもらうと、めっちゃ面白かったです!

さすが僕の尊敬するひと!

毎日ポコチンだの僕の煙突町がプペッてるだのただの下ネタ男ではやはりありませんでした!笑

ちなみに僕は西野さんの下ネタ好きですからね。むしろ一番尊敬しているところでもあります。

これから先を生きていくには、これからの時代に通用する知識が必要。

それは自分のやりたいこと、夢を叶えていくことに必要不可欠なモノなのだ。

そんなことを「革命のファンファーレ」から学びました。

最後に今回の件と、いい本を読ませていただいたことに改めてお礼を申し上げたいと思います。

西野さん、本当にありがとうございました!

それと、読書感想文ちゃんと書きましたよ(#^.^#)

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

1 個のコメント

  • キングコングの西野さんは、コンビでご活躍されている時が好きだった分、最近のメディアへの出方に戸惑いを覚えていたのですが、minamiさんの記事を読んで著作を読んでみたくなりました。

    「自分の個性というのは編集結果だ」

    名言ですね!私もハゲドウ(笑)です♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。