これだけ!インプット力を上げるたった1つの方法

sponsor


どうも!

minami(@baka_doku)です。

今日はインプット力を飛躍的に高める方法を紹介したいとおもいます。

  • 学んだことがまったく思い出せない
  • 机に向かい勉強するもなかなか覚えられない
  • 読んだ本の内容が全然頭に入らない

などなど、中には単純にインプット力を高めたいというおもいからこの記事にたどり着いた方もいるとおもいますが、

多くのヒトは、少なからず上で挙げたようなことを経験したことがあるからこのブログにとんできたのではないでしょうか。

情報弱者というコトバがある今の時代、

しっかりと頭に情報や知識を入れておくことは思いのほか大切。

しかし、闇雲にあたまに入れようとしても、記憶として定着させるのはなかなか難しい。

ではどうすればしっかりインプットできるようになるのか。

結論から先にいっちゃうと、「アウトプットを前提にインプットすること」です。

この1言だけを意識し、行動に移すだけでインプット力はメチャクチャ上がります。

何故か。

その理由とインプット力を高めるオススメのアウトプット法をこれから紹介していきたいとおもいます。

この記事があなたのインプット力を最大化するモノになれば幸いです。

インプット・アウトプットって何?

そもそもの話で知っている方も多いとはおもいますが、

一応インプット・アウトプットとは何なのかをかんたんに説明しておきます。

 

インプットとは情報や知識を自分の中にいれることをいいます。

その自分がインプットしたモノを自分以外の誰かに伝えることをアウトプットといいます。

この誰かに伝えるということが本当に大切で重要なことなのです。

 

なぜインプット力を高めるのに
アウトプットが大切なのか

なぜインプット力を高めるのに、アウトプットが重要なのか。

それは、本当に理解したものでないとヒトはうまく誰かに伝えることができないからです。

ということは、誰かにアウトプットするのなら、何かを覚えるというだけでなく「理解する」ことが必要になってきます。

この「理解する」という行為こそがインプット力を高める魔法なのです

おぼえた情報や学んだ知識をヒトに分かりやすくスムーズに教えることができる。

それができるのなら、その情報はもうあなたのアタマの中に定着したといえるでしょう。

理解していないとそのようなことはできませんからね。

これがアウトプットすることでインプット力が高まる理由です。

 

ちなみに、覚えたい事柄を何かに例えて「ストーリー調」にしてアウトプットするとさらにインプット力は上がります。

というのも、ヒトはストーリーが大好きだからです。

学校でならった中国の歴史は覚えていないけど、

キングダム(中国を題材にした歴史漫画)で描かれていることを時系列に並べろと言われたら、並べることができるのとおなじ感覚です。

 

インプット力を高めるためにはアウトプットが大切。

この一言だけでも是非、このブログからしっかりと持って帰ってください。

 

では、ここからはインプットを高めるためにして欲しい、

オススメのアウトプット方法を紹介していきたいとおもいます。

オススメのアウトプット法

誰かに話す

家族や友だち、仕事の同僚など、学んだことや得た知識ををだれかに教えてあげる。

そうすることで、ものごとを理解していくと同時に、自分にもインプットしていくことができます。

しっかりと説明できないのであれば、もう一度調べながらゆっくり伝えればいい。

その繰り返しがインプット力を上げることに繋がるのです。

さらに、覚えたことや学んだことはなるだけはやくアウトプットするということも、インプット力を上げるひとつのコツです。

汚れはその日のうちに対処しないと綺麗に消すことができないように、

インプットも、覚えたその日のうちにアウトプットした方が記憶に定着するのです。

ツイッターを活用する

ぼくが1番オススメするアウトプット法はこのツイッターを活用し、アウトプットしていくことです。

先に書いた誰かに話すというのは、周りにだれかがいる前提のはなし。

普通に生きていればそんな環境にいない日も、もちろんありますね。

その点をTwitterはカバーしてくれます。

ネット環境さえあれば、簡単かつもっとも手軽にアウトプットできるツールではないでしょうか。

ぼくもツイッターでのアウトプットは常に心がけていて、本を読むときは必ずスマホのツイッター画面を開きながら読むようにしています。

そうすることで、心が動いたところ、学びになったところをすぐアウトプットできるようにしているのです。

(この読書法はホントにオススメなので是非一度ためしてみてください!)

さらにTwitterでのアウトプットは自己発信にもなるので、本当にGOOD!

個人としてどうあるかが重要視されるこれからの時代、個人に価値をつけていくことは思いのほか大切なことですからね。

参考記事>
佐藤航陽さんの著書…お金2.0【感想・レビュー】

アウトプットをすることにより自分にインプットされ、それが自己発信(セルフブランディング)にもなる。

一石二鳥とは、まさにこのことですよね!

ブログを書く

Twitterの弱点は文字制限があるところです。

簡潔に短くまとめようとすることは、伝える力をみがくとても良い勉強になるということは間違い無いのですが、

それでも140字ではまとめきれないモノもたくさんあります。

そこをカバーするのがブログです。

 

何を隠そうぼくがこのブログを始めたのも自分のアウトプット用にという理由です(今は少し目的が変わってきましたが)

無料で始められるサービスもあるので、自分のアウトプット用にとりあえず一つ自分のブログを持つことをオススメします。

お分かりかと思いますがこのブログもツイッター同様、インプット&自己発信になる一石二鳥のツールです。

読書ノートをつける

ぼくが本から得た情報をインプットするときにしている方法なのですが、これも要はノートにアウトプットし、頭の中に入れていくという方法です。

詳しくは過去にまとめた記事がありますので、そちらも併せて読んでくれるとより一層インプット力が上がるとおもいます。

関連記事>
読書ノートの作り方【読書を最大に有益化する方法】

まとめ

いかがでしたか?

以上がインプット力を高める方法と、それに繋がるアウトプット実践法です。

最後に重要なところだけを簡潔にまとめておきます。

 

要点:インプット力はアウトプットすることにより磨かれる

オススメのアウトプット法

  • 学んだことをできる限りはやく誰かに教える
  • ツイッターを活用しアウトプットしていく
  • ブログを開設しアウトプットしていく
  • 本から何かを得るときは読書ノートをつくりそこにアウトプットしていく
情報を仕入れること、何かを学ぶことはとても大切です。

ですが、それらをしっかりとあたまに叩き込み、いつでも引き出せるようにしておかないと実生活に活かすことはできません。

そうならないためにもインプット力を高めることは重要。

その方法がアウトプットなのです。

あなたもぜひ、アウトプットをためしてみてください!

きっと、インプット力が格段に上がりますから!

それでは、また!

 

こちらの記事もどうぞ👇
読書をする10のメリット。本ってこんなにすばらしい!!

アマゾンプライムで使える12の特典がお得すぎるので紹介する!

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「読書」と「考えること」が主食。読書から得た学び、これからの生き方・働き方について、主に書いているブロガー。 無職で結婚→日雇労働→副業サラリーマン(今)→面白いことで人生が埋め尽くされている(未来)→木(来世)