【読書が愛人会】大阪心斎橋で読書会を開催するぞ!!

 

 

「これ、圧倒的に人足りてなくね?」と会社を疑いたくなるほど、仕事がいそがしい昨今。

年末年始の休みなんてほんとにあったのだろうか?と、粛々と現実的な日々が今年もはじまりました。

年が明け、まだ10日ほどだというのに、なんとも刺激のない毎日。

会社に行く。家に帰る。そして、また会社に行く。

 

このままではいけない、と自分の何かが警報を鳴らす。

当たりまえの日々を送れることに感謝はすれど、ワクワクすることがないのも事実。

こんな、雨雲のようにもやもやとした気持ちを晴らす方法はなにか。

 

そんなものはこの世に一つしかない。

 

そう、読書会だ。

 

年末に開催した読書会が、とても楽しかったのを今でもよくおもいだす。

もやは、じぶんへの刺激はじぶんでつくしかない。

ということで2月3日、人生2回目の読書会を開催したいとおもいます!!

※定員に達したため、当読書会の応募は締め切りとさせていただきました。

 

読書会って何?

どうも!

コンビニで売ってるモノのなかではプリングルスのサワークリームオニオン味がいちばん旨いモノだと思っている、読書が愛人(@baka_doku)です。

 

読書会を知らない方のためにまず、読書会とはどんなものなのかについてサクッと触れておきます。

一口に読書会といってもその内容は実に様々で、色々な形式があります。

ぼくの参加したことがある読書会で言ってみれば、自分の好きな本、今ハマってる本を持ち寄り、

その本についての簡単な内容と自分が思ったことや感じたことを紹介するという、「推し本形式」と言われるものだったり、

1冊の本をテーマに、感想や意見を交わす「課題本形式」というものがありました。

そのあたりについてもう少し詳しく知りたいという方、また、読書会に行くメリットを知りたいという方は

以前まとめた記事や読書会のレポートを見ていただけるとよろしいかとおもいますので、下にリンクをはっつけておきます!

参考記事👇
大阪心斎橋で読書会を開きます!!

読書が愛人会【第一話】

sponsor


今回は初の課題本形式!
著書は前田裕二「メモの魔力」

※定員に達したため、当読書会の応募は締め切りとさせていただきました。

今回の読書会は、先に紹介した「課題本形式」で開催することにしました!

そして、その課題本は前田裕二さんの著書「メモの魔力」でいきたいとおもいます!

本書をものすごく簡単に説明すると、メモを取ることにはどのような利点があるのか、そして、メモをとることで自分の人生にはどういったことが起こるのか?

ということについて前田さんの実体験をもとに書かれている本です。


また、付録として巻末につけられている〝自分を知るための【自己分析1000問】″はすでにSNSでも話題になっており、(#1000問ノック) とハッシュタグをつけては皆が自己分析につとめています!

詳しい本書の紹介はこちら👇
メモの魔力/前田裕二【読書感想・書評】

今回はそんな今もっとも熱いといっても過言ではない本書について、皆で語り合おうじゃないかと言うわけです!

 

同じ本を読んだとしても、ヒトが違えば感想や考えたことも違う。

これは、ぼくがはじめて課題本形式の読書会にいったときの感想です。

みんな、これほどまでに自分とは違うことを思ったり、感じたりしているのだなと率直に感じました。

それが自分にとって、とても学びになったのは言うまでもないですよね。

そんな自分のような学びや気づきを誰かにも体験していただきたい、という思いも込めて、

今回は課題本形式で開催したいとおもいます!!

読書が愛人会の詳細

開催場所なのですが、以前と変わらず大阪は心斎橋にあるお茶屋さんで開くことにしました!

ゆっくり落ち着いた雰囲気が読書会をするにあたってはとても良かったので、今回もこのお店に決めました。

詳しい店舗情報は下のリンクでご確認ください👇
【アジアンティー 一茶】

 

また、このお店少々分かりにくいところにあります。

ですから分かりやすい地図をここにのっけておきますので、来られる際はご活用して下さい!

会費は、ワンドリンク(先払い)だけお支払いいただくことになります。

メニューはこんな感じ👇

もう一杯飲めばさらに居座ることもできるそうなので、気が合うヒトがいればそのままお話することも可能かと思います。

 

そして、次の「読書が愛人会」は、2月3日(日曜日)に開催します!

時間は10:30分開始で12:15分までには終了、募集人数は6名を予定しております。

 

持ち物はメモの魔力を一冊、お願い致します!

ちなみに、ぼくは自己分析ノートも持っていくので、見せてもいいよと言う方は併せてお持ちいただけると、より楽しいかなとおもいます!

 

参加条件などはとくにないのですが、一点だけ鉄のルールがあります。

それは、「読書が愛人会内で人間の愛人をつくらないこと」です。

ただでさえ、信用してもらうことの難しい邪な名をした読書会です。

禁断の愛は本の中だけにしておきましょう。

恋愛禁止とかアイドル事務所みたいなことを言うつもりはないですが、その辺りだけは節度ある行動をしていただきますよう、ご協力お願いします!

 

読書会の参加方法は、このブログの下のほうにあるコメントからでもいいですし、ぼくのツイッターのDM(@baka_doku)でもいいので、参加表明の意を送って下さい!

そうしていただければ、こちらから追って連絡させていただきます!

まとめ

※定員に達したため、当読書会の応募は締め切りとさせていただきました。

ということで以上が今回開催する読書会についてなのですが、最後に要点だけをまとめておきます!

  • 形式:課題本紹介
  • 開催日:2月3日(日曜日)
  • 時間:10:30開始~12:15には終了
  • 場所:アジアンティー 一茶
  • 住所:大阪市中央区心斎橋筋1-6-14
  • 会費:ワンドリンク300~600円程度
  • 定員:6名
  • 持物:メモの魔力(可能なら自己分析ノート)
  • 参加条件:特にナシですが人間の愛人作りは禁止!
  • 参加方法:TwitterのDM(@baka_doku)か当ブログのコメントから予約可能

 

 

これは、先でも少し触れました、自身がはじめて課題本形式の読書会にいったときの感想です。

ホントこのツイートの通り、自分以外の意見や思考を知るのは、とても学びになります。

何より、「そんな考え方もあるのね!」と、普通に楽しいです!

 

ですから興味が少しでもある方は是非、あなたの一冊をもって「読書が愛人会」にお越しください!!

読書会にいったことなんてない!という方も大歓迎なので、気負わず参加していただけると嬉しいです。

なお、何か質問がありましたら気軽にお声かけ下さい!

 

それでは、また!

sponsor








 

フォローもよろしくです⇩

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。