読書初心者にオススメしたいビジネス書5選!!読書を始めるあなたにまず読んでほしい本。

sponsor


 

どうも!

読書ブロガーのミナミ(Twitter♤)です。

日本の社会人は1か月で平均2.5冊の本を読むというデータがある。

まったく読まない、読んでも月に1冊読むか読まないかが全体の半分以上を占めていて

月に5冊以上本を読むというひとは全体の10パーセントにも満たない。

この数字を見たとき、あなたはどう思いましたか?

僕は「チャンスだ!!」と思いました。

だって月に5冊以上の本を読むだけで「10分の1のレアな人」になれちゃうからです。

しかも、このデータは本全体でくくられているので、ビジネス書に絞ればもっとパーセンテージは低いものになる。

これは、多くの本を読まないというひと達の中で「価値のある人間」として頭一つでることができるということ。

つまり、ビジネス書を読み始めるだけで、より希少で、価値のある人間になれるということなのだ!!

 

とまあ、偉そうにじぶんの読書感を語ってみましたが、実は僕も読書を積極的にはじめたのは半年くらい前でつい最近の話。

本を読むのはいいことだと頭ではわかっていながらも、なかなか実行に移せなかったのが正直なところです。

そんなときに、会社の上司に一冊の本をむりやり渡され、読んでみると

…本ってめっちゃおもろいやん!!

ってなりました。

そうなんです。本って読みだすまえは億劫になってしまいガチなのですが、読んでみればめっちゃおもろいんです!

僕はビジネス書を中心に読んでいますが、書いてあることが自分の知識になる感覚、考え方の転換、新たな発見などが1冊の本には大なり小なり必ずあるので、それが面白くてしかたがない!!

だから是非、本を読まないという方も、だまされたと思ってとりあえず1冊何か読んでみてほしい。

そんな読書初心者、読書を始めてみたいという方に僕が読んだ

「面白い&読みやすいおススメの本」を厳選し、5冊紹介するぜ!!

読書初心者にオススメしたいビジネス書5選!!

ゼロ:堀江貴文

まず紹介したいのがこの本。

堀江さんが出所してから出版された本なのですが、ホント面白い!そして超絶読みやすい!

メディアでみる堀江さんは攻撃的で何の感情もないように思われガチですが、本書を読むと全然そんなことなくて、堀江さんでも泣いたり、孤独に耐えきれなくなったりするんだなぁと思いました。

そういった堀江さんの過去や生い立ちも描かれていて、僕にとっては心を強く震わせられた本でした。

もちろん、ビジネス目線でもめっちゃ勉強になります!!そこらへんは堀江さんの著書なので安心して下さい。

本書、ゼロに書かれていることの中で僕が大好きなコトバを一つだけ引用しておく。

失敗なんか恐れる必要はない。僕らにできる失敗なんて、たかがしれている。たとえ最大級の失敗が襲ってきてもマイナスにはならず、ただゼロに戻るだけだ。それは怖いことでもなんでもない。

ホントにその通り!!僕はこのコトバにいつも励まされ、勇気をもらっています。

革命のファンファーレ:西野亮廣

ぼくは西野さんが大好きなのですが、なぜそんなに好きなのかというと、単純にやることなすこと面白すぎるから。

それはただただなんとなくやっている、ということではなく考え抜かれた戦略が裏にしっかりとあり、その種明かしをする瞬間はまた格別に面白いし、大きく学びになることばかりなのです。

また、西野さんは戦略や考え方だけでなく、時代の先を見る力もずば抜けています。

そんな西野さんの著書、革命のファンファーレは「これからの時代を生きる為の攻略本」です。

やりたいことを掛け持つことや、やりたいことに迷うことは、これからの時代を生き抜く術だ。

これからの時代を生きぬいていくためには、読書初心者に限らず、必見のオススメ本。

もちろん、「アホにでもわかるように書いた」という西野さんのコトバ通り、読みやすさもバツグンやで!!

自由であり続けるために:四角大輔

この本の1つの特徴が、行間が広くとられているということ。

だから、読みやすいという点では僕のなかでは1番オススメできるかもしれない。

いずれにせよ読書初心者や読書苦手な人の中でも、特に読みやすい本だと言い切ることができる本だということは確かだ。

100万人に届く歌は、誰かひとりのために創られた曲。

世界を変えられるのは、そういうものだけだ。

こういった響くコトバが多いのも本書の大きな特徴。

是非、一読してみてください!!

レバレッジ・リーディング:本田直之

読書ブロガーなので、読書自体に関することが書かれている本をこのへんで1冊紹介したい。

本書は、読書を最大限有益な自己投資にするための方法が書かれているのですが、他にも読書ってこんなにも自分の為になるもんなんだよ?ってことが書かれていたりする。

ホントに読書って、最高の自己投資だと思うし良い本にであえると、読むまえと読んだあとで世界が変わって見えたりする。

笑っちゃうような痛いことを言っているバカのように思えるかもしれないけど、これはホントのことなのです。

本を読んだことがないというなら是非、読書始めてみてください!ホントに読書はオススメします!

本田さんの書籍感想はこちら
読書ブロガーが実践する読書術。読書を最大限、有益なモノにする方法。♤

レバレッジ人脈術:本田直之【読書感想・書評】♤

ノマドライフ:本田直之【読書感想・書評】 「自由」に生きるために捨てる「不自由」な3つのもの。♤

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法:藤原和博

ハッキリいいます。この本が僕のオススメする一番の本です!!

ぼくはこの本に出会い、毎日のように行っていたパチンコをやめました。空いている時間を全てつぎ込んでいた携帯ゲーム(モンスト笑)をやめました。

その空いた時間に読書をしようと思い、今やブログにアップするほどの読書好きになったいわば、僕の人生を大きく変えた本なのです!!

この本に出会い、読書を始めたことがキッカケで色々なことが起こりました。

読書を始める前とはくらべものにならない知識がついているのが実感できますし、その読んだことを実際に行動に移し、日々人生を楽しく、自分らしく生きていこうと、色々な仮説をたて、実践しています。

人生が充実していると、肌で感じています。

本書には次のようなコトバがある。

この本を読むか読まないか、またいつ読むかで人生が変わるだろう。

この本については、これ以上あまりとやかく言わないでおこう。

読書初心者だけでなく、この本をまだ読んでいない人全てにオススメできるのが本書、藤原和博の必ず食える1%の人になる方法である。

是非、チェックしてみてください!!

まとめ

いかがでしたか?

気になった本はあったでしょうか。

今回紹介させていただいた本は、どの本も僕が自信を持ってオススメできるものばかりです。

本を読むと自分のしらないこと、自分の頭では考えたこともないような新しい発見がいくつもあります。

本を読めば読むほど、自分は知らない事ばかりなんだなぁ、もっと早くに読書を始めていればよかった。といつも思います。

「知らない」を「知る」それは

今までモノクロだった世界に、ようやく色が付き始めた。

それほどの大きな変化が自分の中で起こります。

あなたも是非、本を読んでみよう。

そして、面白い本があれば僕にも教えてください。

いつか本について、語り合おうじゃないですか!

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。