読書ノートの書き方・作り方【読書を最大に有益化する方法】

sponsor


どうも!

読書ブロガーのminami(Twitter)です。

今日は読書ブロガーであるぼくが実践している読書を最大限、有益なモノにする読書ノートの作り方を紹介したいとおもいます。

断言しますが、読書ほどコスパに優れた自己投資はないです。

だってさ、たった1000円~2000円くらいで、成功している人や偉人のあたまのなかをのぞけたり、その人たちが実際に経験してきたことや考えを教えてくれるんだよ?

これはもはやニトリなんかより、数倍お値段以上だと、ぼくはおもっています!

その一方、本から得た学びや情報を効率よく自分の資産として残せていないひとも多いのではないかと思ってます。

本を読んだはいいが、時間がたつと忘れてしまう。

面白かったという曖昧な記憶はあるのだけれども、内容がどんなモノだったのかはいまいち覚えていない。

こういった経験をしたことがあるという方は、読書に対して投資効率を高めれていないいえますよね。

 

そんなひとたちに向けて、今回は今より少しでも読書が有益なモノになるように、本に投資した金額分をより大きなリターンにして自分に返すことができるようにという思いを込めて、

読書ノートの書き方・作り方を、本田直之さんの著書・レバレッジ・リーディングの内容と併せて紹介していきたいとおもいます!

レバレッジ・リーディング
本田 直之
東洋経済新報社

読書ノートの
書き方・作り方

読書ノートを書く前に、
読む目的を明確にする

これは読書ノートを作ること自体にはあまり関係のない話なのですが、とっても重要なことなのでまずはじめに紹介しておきたい。

読書を最大限、有益なモノにする。

そのためには、まずその本から自分は何を学びたいのかを明確にすることが必要不可欠です。

これを実践するかしないかでインプット力は大きく変わります。

本田さんの著書、レバレッジ・リーディングにもこんなコトバがあります。

まず、第一に必要不可欠なのが、「目的をもって本を選ぶ」ことです。「自分の人生の目標は何か」「現状の課題は何か」という大きな目標があれば、「今、自分にはどんな本が必要か」ということが、はっきり意識できます。

1番いいのは本を買うまえに自分の学びたい分野がわかっているという状況。

自分の学びたいことが書かれている本なら、あまりにひどい本でない限り誰だって楽しく読めるはずですからね。

ただ、目的を決めないで本を選ぶのが悪いといってるわけではない。

本を選ぶ際には、知り合いに勧められたから買った、なんとなく買ったといったことも当然あるし、それがものすごく良い本だったってことも結構あるのが読書だともおもいます。

では、そういったときはどうすればいいのか。

それは、「目次をしっかりと見る」です。

この本からはこういったことが学べるのか、この章のこの辺りが気になるなと、

自分はこの本からこんなことを学ぼうという目的をその場でそくざにつくってしまうのです。

そうすることでインプット力は格段に上がりますし、目的にそぐわないところは読み飛ばすこともできるので時間短縮にも繋がります。

本なんて全部を読まなくてもいいんです。

自分の気になったところだけを集中して覚えることの方がはるかに大事。

では次に、その自分の気になったところを、よりしっかりと覚えるためにはどうすればいいのか、ってことについて書いていきます。

付箋とノートだけで作る、
超簡単読書ノート!!

目的を明確にすることでインプットする力は格段にあがります。

しかし、それでも1度読んだくらいではしっかりと頭に定着させることはできませんよね。

そこで僕がやっていること。

そう、あなたもすでにお分かりのように「読書ノート」をかくということです。

読書ノートとは、簡単に説明すると自分の読んだ本の良いと思ったところだけを抜き出してつくった本です。

僕は読書ブロガーなのでこのブログ自体、自分の読書ノートになるのですが、僕はこのブログ以外にもう一つ自分の読書ノートがあります。

その読書ノートの作り方がこれ👇

  • 読んでいて自分が気になったコトバ、文章に付箋(ふせん)を貼っていく。
  • 読み終わったら付箋のはった所を、Evernote(エバーノート)に書き出していく。
これだけ。超簡単でしょ!?

エバーノートとは、オンライン上に無料でテキストや画像などを(容量制限内なら)保存することができるクラウドサービスのことで、

パスワードさえあればどのデバイスからも見ることができる超絶優れたノートのこと。

ここにフセンをはったところを入力していくだけです。

詳しくはオフィシャルのこちらをどうぞ!>EVER NOTE

ちなみに本田さんの著書・レバレッジ・リーディングでは、本がボロボロになってもいいからマーカーを引いたり、角を折ったり、書き込んだりしてそれをワードに書きだし、プリントアウトする。

という読書ノートのつくり方を紹介していました。

ぼくは読んだ本は売りたい派なのでフセンを使っています。

これも読書という自己投資をよりコスパの高いものにするための貧乏読書ブロガー直伝「悪知恵読書術」です。笑

 

そんなことはさておき、読書ノートの作り方について「それだけでいいの?」と思った方もいるかもしれません。

実際、じぶんの感想やその他もろもろも一緒に書いていく読書ノートの作り方を推奨するひともいます。

しかし、僕的には余りオススメしません。

というのも、あんまり凝ったつくりにしてしまうと読書ノートを書くことがドンドンしんどくなっていくからです。

時間に余裕がある人や感想も絶対に書いておきたい!という方は書けばいいと思いますが、これ、おもった以上に労力がかかるんです。

その結果読書ノートを辞めてしまう。

そんなことになるなら自分がこころ動いたところを抜き出すだけで全然良いと、ぼくはおもいます。

実際、それらを読み返せば、感想なんて書いてなくても、そのときの思いや感覚はよみがえりますから。

それでは次に、最も大事なことを書いていきたいと思います!

読書ノートを繰り返し読み、
実践に移す。

目的をもって本を読んだ!

読書ノートもつくった!

これでもう完璧にインプットされた!

やったー!!

…といいたいところなのですが、やはり、これだけではまだ最大限読書という自己投資から得るリターンとはなっていません。

まあ、正直コトバの抜粋作業をすれば、普通に読んだだけのときよりも圧倒的に頭には入っています。

ですが、それでもまだ自分のモノになっているとはいえないのです。

 

本に書かれていたことを反射的にこなせるようになったり、発言したりできるようになる。

これができるようになることが、読書から得る最大のリターン。

だから、読書ノートを作るうえでもっとも大切なのは、この読書ノートをいつも持ち歩き、空いた隙間時間などに読み返し、自分の頭にしっかりと擦り込まれるまで読み返す、ということ。

僕がEvernoteに書き出しているのも、スマホでいつでもチェックできるという理由からです。

スマホは毎日持ち歩く生活必需品。そういったデバイスでチェックできるように工夫するのも僕は大事なことだと思います。

読書ノートまとめ

いかがでした?

以上がぼくが実践している読書ノートのつくり方と読書を最大限有益なモノにするための方法です。

実際読書ノートをつくってみるとわかると思いますが、引用を抜き出すだけでも15~30分くらいと結構な時間がかかります。

その上感想をつけて~、図解もつけて~、イラストもつけちゃえ~!ってな感じで読書ノートをつくっちゃうと余裕で1時間以上かかる。いや、2時間ぐらいかかるかもしれませんね。

さきほどもいいましたがそれが悪いといってるわけではない。

しかし、途中で辞めてしまうくらいなら、自分が続けられるように作り方をデザインするのも大切だと、ぼくはおもいます。

 

「本の抜粋を作って、いつも持ち歩いて読む」という、たったそれだけのことですが、やるのとやらないのとでは、全然違います。 (中略) 投資効率を考えた場合、同じ読書をするなら、ここまでしないと逆にもったいないと思います。

レバレッジ・リーディングに書かれていることなのですが、僕もその通りだと、このコトバには強く共感しました。

本を読むだけでははっきりいって何の意味もないです。

書かれていることを実践に移して初めて意味があることになるのです。

あなたの読書は今、意味のあるものになっていますか?

意味のないものになっているのなら、1度でいい。この読書ノートを作り、いつも持ち歩いて読んでみてください。

きっと、今までの読書とは見違えるほどのリターンを得ることができるとおもいます。

この記事が、あなたの読書をより良いモノに変えるキッカケになれば幸いです!

 

 

 

こちらもオススメの記事!
読書をする10のメリット。本ってこんなにすばらしい!!

書評・読書感想の書き方!だれでも簡単に書ける5つのフレームワーク【保存版】

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

1 個のコメント

  • 読書術、参考になります!
    私もブログで本のレビューを書くようになって、本の内容がより入るようになった気がします。

    時折自分のブログを読み返して、自分がブレてないかも確認します。

    自分のオリジナル本かあ…!!
    もう少し読み込んだらやってみます!

    以前は手当たり次第に本を買っていましたが、アウトプットするようになり、本当に必要な本が選べるようになった気がしています^ – ^

    ある意味節約術♪

    またちょこちょこコメント残させていただくと思うので、よろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。