読書をする10のメリット。本ってこんなにすばらしい!!

sponsor


本を読んだことがない。

読もうとはおもうのだけど、なんとなく手がすすまない。

中には、本なんて読んだところで何か意味があるの?とおもっている方もいるかもしれない。

そんな方に断言したい。本は読むべきだと。

何故か。ヒトとしての深みをだし、さらにはじぶんをとてつもなく成長させてくれるのが本だからだ。

 

ぼくはそれを知るまでに30年近くかかりました。

そう、なにを隠そうぼく自身もいままで本を読んでこなかったうちのひとり。

今でこそ読書はぼくのなかでたいせつなモノとなり、それが習慣にもなっています。

ですがそうなったのも一年ほどまえという、つい最近のはなしで、それまでは本に触れることなく毎日を過ごしてきました。

それがひょんなことから1冊の本に出会い、何となく読んでみたことで、考え方は180度変わりました。

それは、「今まで自分は何で本を読んでこなかったのだろう」「なんて愚かなことをしていたのだろう」と、

今でもまだ自分で自分を悔やまざるを得ないほどの、衝撃的な変化でした。

 

そんなぼくのような後悔をする人が少しでも減ればと、今回は読書ってこんなに楽しいんだよ!

こんなにもすばらしいものなんだよ!という「読書をするメリット」について、書いていきたいと思います。

この記事が、あなたが読書をはじめるキッカケになればそれ以上に嬉しいことはないです。

また、ふだんから本を読んでいるという方は、自分の読書と照らし合わせて読んでもらえるとありがたいです。

きっと、共感していただけると思います!

それでは、「読書をするメリット」について、早速書いていくとします。

読書する10のメリット

偉人や成功者の目線に立てる

著者自身がいままでにしてきた体験や経験、また、そこで得たことを元にいきついた考えや原則について書かれているのが本。

つまり、読書とは成功者や偉人の人生を疑似体験できる、脳内アトラクションのようなモノなのです。

普段会えないようなすごい方や、すでに亡くなられた偉人たちの目線に立ち、モノごとを捉え考えてみる。時には自分の中で反論し、著者と会話することが読書なのです。

この1つだけとっても読書には計り知れないほどのメリットがあるとおもいませんか?

色々な視点からモノをみるということは、それだけ自分の視野が広がることに他ならないですからね!

「知ること」の大切さを知れる

たとえば「読書をする時間がない」という悩みがあったとする。そんなときはまずどうすればいいのか。

答えは「本を読む」です。

矛盾した答えにきこえる人もいるかもしれませんが、時間がないってことは何かをはやく終わらせて時間を確保する必要があるってことだから、

それを学ぶためにまずは本を読もうよ!ってことです。

本を読む時間がないのは、本を読む時間の作り方を知らないから。そのためにまず本を読み、時間をつくる勉強をする。

このように「知らない」は多くのモノの生産性や効率を下げる。逆にいえば、知っているだけで生産性が上がることもあります。

読書はそういった「知ること」の大切さも教えてくれます。

また知識の引きだしが増え、それらをだれかと共有したり教えてあげたりすることによりコミュニケーション能力もあがります。

これも読書をするメリットといえる有益な副産物ですよね!

表現力が上がる

当たり前ですが、この世に全くおなじ内容の本というのは存在しないです。

似かよった本はあれど、かならず著者自身の色や言い回し、いってみればその人ならではの個性がそれぞれの本にはあります。

そういったモノにふれるということは、じぶんの語彙力表現力を上げることにもつながります。

また、単にかっこいい話し方や言い回しといったことだけでなく、簡潔に正しく伝える力なども鍛えられます。

ほとんどの人は、毎日誰かにコトバを発する。

そこを磨くことで得することはあっても、損することなんて絶対にないですよね!

考える力がつく

これも読書をする大きなメリットの1つ。

さきほども言ったように、読書とは他人の人生を疑似体験するモノ、著者との会話を楽しむモノです。

それは本当にそうなんだろうか?

違ったケースの場合でもおなじことがいえるのだろうか?

ぼくならどう対処するだろう?

などなど…著者の目線を通し、じぶんにおきかえあれこれ考えることで、「考える力」が鍛えられます。

それにより、自分だけで問題を解決できるようにもなりますし、読書を続けていればその精度はよりいっそう高くなり解決スピードも速くなっていく。

 

また、考えることは想像力を働かせることでもあるので、老後のボケ防止にもつながります。

これも読書をオススメできるメリットの1つです。

新しい発見がある

新しい発見とは、どんなにトシを重ねようともメチャクチャ興奮するたのしいモノ

特に、じぶんの中では当たり前の常識だと思っていた考えや結論に出会い、共感に至ったときなんかはもうホント興奮します。

「なるほどなぁー!!」

と、それはそれはしてやられます!それが本当に面白い。

それに、ただ面白いってだけでなく、そこで得た知識は重要な原則であったりすることが多かったりもします。

また、その瞬間は役に立たなくても、のちのち自分の役に立つモノになることもよくある

知識はあればあるほど良いです。

何かにつまづいたとき、きっと、その知識が助けになってくれますから!

ストレスや悩みが解消する


嘘だろ?とおもう方もいるかもしれませんが、読書はこのツイート通りストレス解消にも良いんです。

実際、読書している多くのヒトは共感できる研究結果だとおもいます。

こころが不安定な時にこそ、本を読む。読み終えると嘘のように清々しい気持ちになっている。

読書家にとってはあるあるの話でもありますよね!

隙間時間を有効に使える

予期せぬ待ち時間などができたとき、本を一冊でも持っていれば時間をムダなく有益に使うことができます。

文庫本であれば、そこまでスペースはとりませんし、電子書籍で出版されているモノならスマホで読むこともできる。

そういった、何気ない時間を有益なものに変えてくれるのも、読書をするメリットです。

時代を捉えることができる

インターネットの出現により、経済や生き方はいま大きく変わってきました。

またAIやロボットが益々普及していくであろう変化の多いこれからは、時代を捉えることが今までよりも一層重要なことになってきます。

本とはいわばその時代の文化そのもの。

ということは、本を読めばその時代のことを学ぶことができる、と言え変えることもできますよね。

それは経済やヒトの生き方、働き方なんかについて書かれている本を読むことだけに限っての話ではなく、

ベストセラーになっている本を読めばその時代の人間心理がわかるかもしれないし、どんなものがこの時はヒトの心を動かしていたのか理解できるかもしれない。

そういった、時代の流れや文化を学ぶことができるのも読書のいいところです!

アイデアが浮かぶ

あたらしい発見やモノの見方、斬新な発想に触れていると、自分も新しいアイデアを閃くようになります。

読書は、そういったキッカケをつくってくれたりもします。

これも読書をすれば手にいれることができるメリットの1つです。

率直に楽しい

多分、多くのヒトが本を読まない理由は、読書なんて楽しくないと思っているか、

学校の勉強がきらいだったから、勉強すること自体に抵抗があるといった方なのではないでしょうか。

何を隠そうぼくもそうでした。

学校の勉強が面白いと感じたことはほぼほぼなかったし、読書なんて退屈で年寄りがヒマつぶしになんとなくする行為だと思っていました。

でもね、本を読むようになって、こんなことを思っていた自分をホントに悔いました。

読書って、メチャクチャ面白くて、有益なモノであると気付けたからです。

学校の勉強は嫌いだったけど、読書は面白い。

先にも書きましたが、それに気付くまで30年弱もぼくはかかってしまいました。

こんなぼくのような体験をしてしまわないためにも、1秒でもはやく本を読むことを日常に取りいれてほしい。

本当に、読書はメチャクチャ面白いモノですから。

まとめ

いかがでしたか?

これがぼくが考える読書をすることによって得られるメリットです。

先にも書きましたが、読書とは他人の人生を疑似体験できるモノ・成功者や偉人と会話できるモノです。

さらに、これらは何千円だせば体験できちゃうメチャクチャコスパにすぐれたモノでもあります。

孫さんに会いたいと言っても簡単には会えないけど、孫さんの考えや体験などはわずか数千円だせば手に入れることができる。

これが、読書なのです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの生活の一部に、すこしでも「読書」が溶け込むことを期待しています!

関連記事>
読書ノートの作り方【読書を最大に有益化する方法】

書評・読書感想の書き方!だれでも簡単に書ける5つのフレームワーク【保存版】

読書会ってどんな感じ?読書会に行った感想!

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

2 件のコメント

  • はじめまして。
    Twitterにていつもお世話になっております、公務員公務員Rと申します。
    私もかれこれ7年近く読書をしてきて、幾度となく人生の難局を読書によって切り開いてきました。

    今回の記事に紹介されている読書のメリットについては、全て同意するところであります。
    特に、偉人の人生を疑似体験できる点、ストレスが軽減される点は、私も大いに共感しております。

    今後も素晴らしい読書記事を書いて頂けることを期待しております。

    • コメントありがとうございます(*^^*)

      共感していただけて嬉しいです!

      ぼくも読書をキッカケに色んなことが変わったので、1人でもそんな人が現れたらとこの記事を書きました!

      まだまだ読書歴一年未満の若輩者ですが、いい読書記事がかけるよう頑張っていくので、これからもよろしくお願いします!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    「読書」と「考えること」が主食。読書から得た学び、これからの生き方・働き方について、主に書いているブロガー。 無職で結婚→日雇労働→副業サラリーマン(今)→面白いことで人生が埋め尽くされている(未来)→木(来世)