自分を操る超集中力:メンタリストDaiGo【読書感想・書評】15分のパワーナップ。

sponsor


どうも!

読書ブロガーのminami(Twitter♤)です!

今日はこの本についてのお話です。

知らない人なんているの?

ってくらいテレビで活躍されてるダイゴさんですが、ぼくにとってダイゴさんの本を読むのはこれが初めてです。

本書を買う前にぱらっと試し読みをして知ったのですが、この方、1日に20冊も本を読むそうです。

単純にすごいですよね。ぼくなんて嘘じゃね?と疑ったぐらいです。笑

でも本書を読み、それは嘘じゃないとな素直に思えました。

本書の主な内容

集中力は根性論ではあがらない。科学的に分析し、身に着けるスキル

集中力をつけるために知っておかなければならない事が、一つあります。それは「集中力の源」についてです。集中力が湧き出す泉は、あなたの額から2~3センチ奥、前頭葉にあります。(本文抜粋)

本書のはじめに書かれていることなのですが、前頭葉の体力のようなものをウィルパワーと言う。

そして、そのウィルパワーには一定数の量があり集中力を使うたびにどんどん消耗していき、それがなくなると集中出来なくなっていく、というモノだそうです。

だから、

ウィルパワーの総量を上げる。

ウィルパワーの消費量を節約する。

って事が集中力を高く、長く保つために効果的という図式がなりたつ。

じゃあそれをどうやって鍛えるのか、どうやって節約するのかってことが、本書には書かれています。

どれもこれもすぐに実践でき、誰でも気軽に始められるテクニックや習慣にできることが多く紹介されていました。

 

面白い研究結果内容だったのが、ウィルパワーの出どころは一つしかないということ。

プライベートでも仕事でも、何かをしないという決断も、何かをするという決断も全て同じ出所から消費されるのだそうです。

そんなウィルパワーについて理解し、自分でコントロールできるようになることが、本書「超集中力」の主な内容です。

それでは本書を読み面白かったところ、すぐに実践に移せる学びになったところを

感想をまじえながらいくつか書いていきたいとおもいます。

朝読書を始めよう!!

脳科学の研究によると、脳は、朝起きてから2時間の間に最もクリエイティブな力を発揮することがわかっています。(本文抜粋)

これは超簡単で明日からできる実践法ですよね!朝早く起きるだけでいいんです!

実際、超有名なCEOや資産家、投資家等も朝は早起きらしいです。

 

僕も本書を読みすぐに実践したのですが、今ではもう習慣になりつつあるくらい僕の体に浸透しています。

とうのも朝ってめっちゃ集中できると実感できたからなのです!!

それに、朝は子供たちもまだ寝ているので静かな家で本を読む事ができる。

そういった点も僕にとっては集中できる副産物的な良き環境になりました。

なにより、仕事を終え家に帰るなりビールを飲んで

「あぁー。また今日も本を読めなかった。何も自己投資できなかった。」

という、罪悪感から解き放たれます!笑

だって朝本を読めばいいのだから!

もう夜はビール飲むんです!

そのかわり少し早く寝て、早く起きる。これでいいのです。

本を読む時間を意図的に朝にずらし、一番集中できる時間帯、体調が整った環境でインプットしていく。

コレが今の僕流朝活スタイルです。

科学的な目線で見ても昼寝はおすすめなんですよ!

15〜20分のパワーナップは、夜の3時間の睡眠に匹敵し、回復した集中力や注意力は150分持続します。(本文抜粋)

これも即座に日常に取り入れることができる簡単なモノですよね。

パワーナップとは仮眠の事なのですが、これも科学的に有効性が認められていてグーグルやナイキ、アップルやナサなども実際に導入している方法なんだとか。

机の上で軽く寝るとスッキリするってのは科学的にも正しい事なんですね。

でも寝すぎるとあまり良くないみたいです。

そこだけは気をつけて、ご参考にして下さい。

まとめ

集中力をつけたいという方にはうってつけの本だと思います。

また、デスクワーク系の仕事をしている人、残業ばっかりしてる人や、もっと自分の時間を作りたいなど時間が足りないと思っている人にもおすすめかな。

集中力を鍛える事で確実に仕事を早く終わらしていく。

そんなテクニックも紹介されているのでおもうところがあると感じた方は是非、自分を操る超集中力!をチェックしてみてください!

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「読書」と「考えること」が主食。読書から得た学び、これからの生き方・働き方について、主に書いているブロガー。 無職で結婚→日雇労働→副業サラリーマン(今)→面白いことで人生が埋め尽くされている(未来)→木(来世)