ブログで稼ぐために知っておきたい脳の作り方と人間心理学!

sponsor


哲学、心理、ライフスタイル、ワークスタイル、ビジネス。

色んな本を読み漁っているうちに、今ぼくのおかれている状況はかなり危険なんだなと感じている。

それは何故か。

収入が今働いている会社の給料しかないからだ。

ぼくには妻と子2人の家族がいる。稼いでいかなくてはならない明確な理由がある。

もし会社が潰れれば、ぼくは無職になる。潰れなくても一言「君はクビだ」と言われたらそれでさようなら。もちろん、他に収入がないのだからクビ覚悟での会社への発言なんてできる状態ではない。

何とか収入の柱を他にも持ちたい。そういった思いで始めたブログもいまいち上手くいっていない。

そんな時に手に取ったのが本書、「紙」と「ペン」だけで1億稼ぐ仕事術だ。

どうも!ミナミ(Twitter♤)です!今回はこの本を読みましたよ!

タイトルからして、もうブロガーに役立つ感マックスだよね!

本書、「紙」と「ペン」だけで1億稼ぐ仕事術は、鬼塚俊宏さんというマーケティング全般のコンサルと広告のセールスコピーライディングを行う、ストラテジィエレメントという会社の代表取締役をされている方が執筆した本だ。

実際に鬼塚さんの書いた広告によって、全くのゼロからたった1年で1億円以上の利益を出した企業もあるのだそう。凄いね!

どんな本?

本書は、1億稼ぐ「お金持ちの脳」の作り方や「お金を稼ぐ思考術」について書かれており、それらを活かし、紙とペンだけで稼いで行くセールスコピーライターになるにはどうすればいいのかってことが主な話の内容。

ライディングスキルというよりは、そう言った思考や人間心理がメインの本だ。

読み終えた感じとしてはこんな人にオススメできる本だな、と思った!

こんな人にオススメ!

  • ブログやサイトで稼ぎたいと思っているひと
  • また、稼ぎたいと思い初めてみたが中々収益に繋がらないひと
  • モノを売るセールススキルを学びたいひと
  • 副業として何か初めようかなと思っているひと
とにかく、モノを書いて収入を得たいと思っている方には役立つ書だ!

逆にモノを人に売り込むのはよくないとかお金は悪だとか、稼ぐことはいけないことだと思ってる古臭い考えのひとは読んでもあまり意味ない本かもね。

それでは、ぼくが本書を読み、ブロガー目線で重要だなと感じたことをいくつか紹介し、まとめていきたいと思います!!

ブログで稼ぐためには

ブログで稼ぐ脳の作り方

人間は、脳を全体の5パーセントほどしか意識的に使っていないのだそう。意識的にとは、読んだり、見たり、考えたり、判断したりといった行動のこと。

残りの95パーセントは無意識状態の潜在意識というもので、これは自分ではコントロールできないし人格もなく善悪もない。あるのはただ繰り返されるモノを正しいと認識することだけなんだとか。

5パーセントしか使っていないって聞くと、何だかもったいないような感情が湧き出てくるあたり、ぼくは貧乏性なんだなと思ってしまったのだがそんな話はさておき、

一億稼ぐためには、やはり、5パーセントの意識的に使える部分の脳だけでなく、95パーセントの潜在意識の領域である脳も上手く使わなければいけな

先にも書いた通り、潜在意識は自分ではコントロールできない。できないのだが、繰り返されることは正しいと認識する。そこで著者は、毎朝自分のイメージを書き出したメモを読み潜在意識に刷り込むという作業をしているそうだ。

「私は不可能という考えを持たない」

「私は何度でも億万長者になる力を持っている」

など、自分が書き上げたものを毎日見ることで脳にそれが正しいことなんだと教えてあげるということだ。

ぼくたちは何かをやりたいと口には出しても心ではどうせできっこない。と思ってしまいがち。それは、潜在意識がそう呟いてくるからなのだ。

逆にそこを変えてあげることができれば、自分は大きく変われるということでもある。

本書にはこんなコトバがある。

潜在意識は何度も繰り返されることを正しいと認識します。つまり、こうして願望を毎日書き出すだけで、自覚できないくらいにすごい自分の能力が、自動的にその方向にものごとを動かし始めるようになるのです。

ぼくも自分のイメージや夢を書きだし、毎日見て脳に擦り込んでいくとしよう。

お金を稼ぐ勉強とは人間の心理を知ること

ブログだけでなくお金を稼ぐということは、誰かに何かを買ってもらうということ。だから買う側の心理を読み解くことがお金を稼いでいくためには欠かせないスキルである、と著者は言っている。

その買う側の人間には、大きくわけて3つの購買心理がある。それがこちら。

人間の3大購買心理

  1. 「痛み」から解放されるためにモノを買う
  2. 「快楽」を得るためにモノを買う
  3. 「時間」を短縮するためにモノを買う
これはライターやブロガーの話だけでなく、何にでも当てはまる。

体に痛みがあるひとはそれらを取るために接骨院やマッサージに行くし、楽しい時間を過ごしたいと思うからお酒を飲みに行ったりする。

要はどんな商品や情報でも、この3大購買心理をどれだけ刺激し、すべてをしっかりカバーできているかが重要だと言うことなのだ。

また、本書には「痛み8」「快楽2」の割合が、最も人間の購買意欲をあおるとも書かれていた。

人間の心理を知ることが結果、稼ぐということに繋がるのですね。

ひとは「ストーリー」が好き

ここでライディング要素で気にとまった引用を1つ紹介する。

「ウォール・ストリート・ジャーナル」のセールスレターは、「今から25年前、2人の青年が同窓会で出会いました」という導入から始まります。このように、ストーリーから入っていくと読まれやすい。

ブログで例えると、導入文はホントに重要。

最初の何行かをスッと読んでもらえるか、インパクトを与えれるかどうかでその先を読み進めてもらえるのかがほぼ決まってくる。

それぐらい重要なところで、ぼくもいつもここで相当悩んでいます。たぶん、ブロガーやモノを書くひとならわかってもらえると思う。まあそんなお悩み話はさておき、

人を導入で惹きつけるための有効な戦略の1つが、本書にも書いてある通り「ストーリー」で始めること。

主人公は悩みを抱えた人や辛い思いをしている人、いまの自分でもいい。

売りたい商品に出会ったキッカケや、それまで抱えていた悩みや思いなどをストーリー調にし、書きはじめる。

ブログで稼ぐも何も、読んでもらえなきゃ話にならない。

ホントに大事なところですよね!

まとめ

とまあ、本日の「オヤジの勉強ノート」はこんな感じです!

本書、「紙」と「ペン」だけで1億円稼ぐ仕事術を読み、ブログやモノを書いて稼いでいくにはまず、

「できっこない」という潜在意識を取り払い、出来るという自分を脳内で作り出すこと。

「人間の心理」に目を向け、人それぞれが持つ特性を理解し、その人にあった的確な行動をとることが必要で重要なことなのだな、と感じました!

気になった方は一度、本書をチェックしてみて下さい!
リンクはこちらです⬇︎

ブログ運営、ライディング関連の記事はこちら⇩

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。