ブログはオワコンだけど、何かを書くことの重要性は普遍だと思う。

 

 

「ブログはオワコンだ」

YouTubeや仮想ライブ空間SHOWROOMなど、さまざまな動画コンテンツがネット上でひろがりを見せる昨今、

このようなコトバを耳にすることがとても増えてきました。

 

動画は文字だけでなく、映像としてわたしたちのあたまに入ってくるもの。

情報の総量からしても、たしかに動画はブログというテキスト主体のコンテンツより優れている点が多いのかもしれません。

 

それでも、自分はブログをやめようとはおもいません。

むしろ今後もっと力を入れ取りくんで行きたいとさえおもってます。

 

なぜか。

結論からいうと、たとえブログがオワコンだろうと、「何かを書く」という行為の重要性は変わらない、普遍的なものだと自分は考えているからです。

 

「これからブログをはじめようかなと思っている人」また、「ブログなんてもうやめてしまおうかなと感じてる人」にとっては何かしらの参考になるように、

もうすこし詳しく意見を述べていきたいとおもいます。

 

ブログはオワコンで
あることに間違いはない

ブログはオワコンなのか。

個人的な意見をいえば、「YES」だと感じています。

先ほどもすこし述べたとおり、動画コンテンツがますます拡大していくこれから、

文字だけのコンテンツは縮小していかざるを得ないとおもうからです。

活字を読むことが苦手なひと。

場合によっては文字を読むこと自体が嫌いだというひともいるなか、

動画コンテンツはやはり強い。実際、自分もよく見るしね。

ですからコンテンツとしてみれば、やはりテキストのみのブログより、

視覚的にも情報を圧倒的に詰め込むことができる動画に代替されていくのではないか。

これが、自分の考えです。

sponsor


書くことの重要性

ブログというコンテンツとしての価値はさがっていくのかもしれない。

しかし、だからといってそれが「書く」という行為をも一緒に下げてしまうことにはならない、

というのが自分の確固たるおもいです!

「なにかを書く」にはたくさんの利点があります。

たとえば、自分の伝えたい何かを書くということは、何かを考えるとほぼ同義です。

自分のあたまのなかを言語化して、自分以外の誰かにも分かるようにアウトプットする。

それが、書くということ。

 

この言語化能力はどんな職業や環境であれ、身につけていて損はないスキルですよね。

何より、そもそも考えることがとても大切なことです。

そして、その考えたことを整理するためにも「書くこと」は非常に良い方法です。

 

また、「話す」というアウトプットより、「書く」というアウトプットの方が自分によりインプットされるというメリットもあります。

このように、ブログというコンテンツは縮小しようが、

何かを書くことの有益性は変わらず、普遍的なものだというのが自分の考えであります!

だから自分は
ブログを辞めはしない

てみじかににブログと動画について話してきましたが、以上が自分の考えです。

 

  • 言語化する能力が上がる
  • 考える力がつく
  • 思考を整理することができる
  • インプット力が高い

 

など、何かを書くということはサクッと考えただけでもこれだけの利点があります。

ですから何度も言っているように、ブログというテキストコンテンツの需要が減っていこうが、

何かを書くという行為自体の価値が下がるわけではない。

だから、自分はこれからもブログを書きつづけたいとおもいます。

たとえ誰一人見にくることがなくなっても、
自分のために、ずーっとね。

 

以上、これがぼくのブログに対する考えです!

この記事がブログを続けようか迷ってるひと。

また、ブログを始めようかと考えている人にとって、何かしらのお役に立てれば幸いです!

 

それでは、また!

 

 

 

こちらの記事もどうぞ👇
やりたいことがない君へ。~やりたいことがないなんて当たり前~

メモの魔力/前田裕二【読書感想・書評】

SNSでフォロワーを増やす7つのメリット!

sponsor








 

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。