幸福感と知識量は比例しない【アルジャーノンに花束を/読書感想・書評】

 

 

人の幸せとは何なのか?

幸せに、知識は必要なのか?

そんなことを深く考えさせる本に出会ったので、おもったことをすこし書いていきたいとおもいます。

アルジャーノンに花束を
あらすじ

言わずとしれた名作なのであらすじを紹介する意味はないのかもしれないけど、念のため、簡単に本書の大筋を書いておく。

「アルジャーノンに花束を」は、知的障害をもつチャーリイという32歳の男性が主人公の物語だ。

利口になりたいと常々思っていたチャーリイに、ある日、とても幸運な話がまいこむ。それは、脳を手術して、知能を向上させるというものだった。

手術結果は良好で、チャーリイの知能はみるみる向上していく。その向上具合はとてつもないもので、手術をほどこした先生、大学で研究をしている博士たちの頭脳を楽に追い抜いてしまった。

が、その成長ぶりが原因で、チャーリイの周りにいた人たちは、チャーリイのことを徐々に疎ましく思いだす。

大学の博士には知能の高さに嫉妬まじりの嫌悪感を抱かれるようになり、今まで働いていたパン屋の従業員にはあまりの変貌ぶりに恐れを抱かれるようになる。

利口になりたいとずっと願っていたチャーリイは、利口になったことで友達を減らしていく。

今まで悩むこともなかったものに悩み、憎しみといった新たな感情をもつようにもなる。

利口になれば、幸せになれると思っていたチャーリイ。そんな男が利口になったとき、どのようなことを感じ、その結果どのような人生を歩むのか。

本書、「アルジャーノンに花束を」は、そんな「人の幸せ」や「知識とは」という問いに一石を投じる本。

 

ちなみにアルジャーノンとは、チャーリイとおなじ治療をうけたネズミの名前だ。

では、ここからは本書を読んで自分が感じたことを書いていくとする。

 

sponsor


アルジャーノンに花束を
感想

知識量と幸福感は比例しない

 

このツイート通り、ぼくは学ぶことが人生を豊かに、より人を幸せにすると思っていた。

が、必ずしもそうではないのだと本書を読んで思わざるを得なかった。

知識がひとを豊かにすることはない、といっているのではない。重要なのは、知識をつけた自分がそれをどう使うのかということ。

知識とは、使い方を間違えればひとを傷つける暴力性の高いものにもなりうる。誰かをコテンパンに論破したり、非難したりするひとがいい例だ。

そんなことのために学ぶのなら、いっそ学ばない方がマシだろう。

大切なのは、自分を含めたぼくたち「人間」が豊かに、より良く生きれるために学ぶという姿勢が大事。

そんなことをアルジャーノンから学びました。

 

学ぶことで人は傲慢になってしまう生き物

自分が意図していないとはいえ、ひとは学び、知識をつけるとついつい傲慢になってしまうのかもしれない。

だから、さきで話したような批判やムダな論破があとをたたないのかもと思うと、多少の説得力はあるのではないか。

ではそうならないためになにが大切なのか。

月並みな意見だけど、やっぱり謙虚であるこころが大切なのではないかと思った。

 

どんなに学んでも、自分にはわからない部分が沢山ある。自分の考えなんて、どれもが正しくない可能性だってある。

そういう謙虚なこころを常にもつことが、自分にとって、誰かにとって意味のある知識や考えをもつことができる方法なのかなと。

謙虚って、意識してないとなかなか難しい。考えが凝り固まってくると特に。

それでも、その心を意識して持ちつづけることはとても大切だと、ぼくはおもったのです。

おわりに。

どんなに知識があっても、役立てることができないときもある。知識には、そんな皮肉めいた部分もある。

そんなことも、アルジャーノンには教えてもらった。

 

が、本書を読んだ多くのひとがいう「号泣した!」といった心の起伏はなかった。

いったいなぜなのか。その点はまた、ゆっくり考えてみたいとおもう。

 

ひとは、自分を含むぼくたち人間が豊かに生きるため、楽しく日々を過ごせるように学ぶことが、良い知識となり、より良い人間をつくる。

そのためには、何事にも謙虚でいるこころ、その姿勢が大事で、ひとを見下すため、批判するために学んではいけない。

そのことを本書、「アルジャーノンに花束を」には教えてもらった。

 

最後に、余談なんだけど、この読書感想をかいている最中に小1の息子がしきりに話しかけてきたことに少し苛立ってしまった。

そんなことでは、本書に教えてもらったことを何一つ活かせていないじゃないかと、すぐさま反省した。

謝罪の念も込め、その日のお昼過ぎから公園に連れて行ったので、息子にはこれで「あいこ」にしてもらおうとおもっている。

 

 

 

sponsor








 

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください