Twitterを上手く活用するために知っておきたい7つのメリットと5つのデメリット

sponsor


どうも!

読書ブロガーのミナミ(Twitter)です。

Twitterにのめり込み、はや半年。気が付くとTwitterばかり眺めてる軽いSNSジャンキーです。

今回はそんな僕が考えるTwitterを上手く活用するために知っておきたいTwitterのメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

先にメリットとデメリットの大まかな内容を上げるとこんな感じです。

SNSは使い方次第で自分の知識力を上げたり、自己価値を高めたりすることができるとても優秀なツール。

しかし、使い方をまちがえればただ時間を浪費しているだけと「諸刃の剣」的側面もある。実際ぼくもいたずらに時間だけを消費してしまったことが何回もあります。

そうならないため、もっと上手く活用していくためにも、先で上げたTwitterに関するメリット・デメリットを知ることはとても大事。

なのでこの記事では先に上げたツイートをもう少し掘り下げて解説していきたいと思いまーす!!

Twitterを活用する7つのメリット

情報の速報性が高い

大きなNEWSであれ小さなNEWSであれ、Twitterは新しい情報がいちばん速く入ってくるSNSであるといえる。

おすすめトレンドは今何が起き、どの事柄に皆が興味を示しているのか一目でわかりますし、ハッシュタグ検索を使えばその事柄に沿った新しい内容のツイートを見ることができます。

しかも、それらは数秒前という恐ろしくフレッシュな情報。

また、自分の知りたい情報に沿ったツイートをしている方をフォローすることで(新しいNEWSばかりをキュレーションしたツイートを重点的に行う方や、何かしらの最先端で生きている方など)さらに情報の速さや質は上がる。

多くの場合、どんな事柄であれ速く知れることにこしたことはない。むしろ、鮮度が命の情報だってある

それを無料で知ることができるのもツイッターの大きなメリットの1つです!

アウトプットの場として最も手軽

ぼくは気になるNEWSやネット記事を読むとインプット+思考整理のためにシェアツイートをすることが多いのですが、Twitterは簡単かつ迅速にアウトプットできるいちばんのSNSです。

今やネット記事でTwitterのシェアボタンがないモノなんてないですもんね。

さらにぼくは読書が趣味でよく本を読むのですが、本を読みながらその書籍に書かれている響いたコトバや閃いたことなどをツイートすることも多い。

アウトプットすることにより自分に情報をより染み込ませるのです。それに、自分の意見や思いを発信すれば自分では考えもしないような捉え方をしたコメントをしてくれる人もいたりして、それにより思考はさらに深まることもある。

ノートにただ、書いて覚えるだけじゃここまで発展しないですよね!

拡散力が他のSNSより高い

これもお手軽なツールだからこそいえることなんですが、拡散力が他のSNSに比べて高い。

ただ、扱うジャンルでそうではない場合もある。オシャレさんのコーデとか綺麗な写真とかだとインスタの方が強い、とかね。

それでも土台となるユーザー数は圧倒的にTwitterが多い。今現在国内のユーザー数はインスタで約2000万人、Twitterはその倍以上の4500万人です!

一概にユーザー数だけで判断はできないですが、参考までに書いておきますね。

ブログ等の集客(入口)に使える

ユーザー数が多いということは必然的に多くの人の目に自らのツイートを見てもらえるということ。

これは、言い換えれば「自分の運営しているメディアや他のSNSなど」に誘導することができるということでもある。

まあホントに自分の運営している何かにひとを集めたいのなら、ただリンクを貼っつけるだけなどではほとんど効果はありませんが、Twitterはやり方次第でいくらでも集客につなげることができるツールだってことです。

フォロワーの数には価値がある

今やクラウドファンディングやタイムバンク、VALUといったサービスが普及してきたことにより、フォロワー数や影響力といった物質として見ることができない価値を、やり方次第で必要なときに必要なだけお金に換金できるような時代になってきました。

関連記事⇩
佐藤航陽さんの著書…お金2.0【読書感想・レビュー】今ある経済の知識ではこれからを生き抜くことはできない。

それに、フォロワー数が増えれば先で述べた集客としての入り口が単純に増えるということでもあります。

フォロワーの数は今までにない価値を持ち始めてきたのだ。

正直、捉え方によってフォロワー数が大事だという意見は、大きく分かれる分野であるとは思う。

それに、ただ闇雲にフォロワーを増やせばいいってもんでもない。

考え出すと難しい問いですが、ぼくはフォロワーの数には価値があるとシンプルに捉え、フォロワーが増えるよう、もっと多くの人の役に立てるよう行動に移していこうとずっと頑張ってます。

価値観やビジョンが近いヒトと繋がれる

ただなんとなく生きているだけでは、なかなか自分と価値観が同じで、やりたいこと・好きなことも同じだという人に巡り会えることは少ない。

Twitterをしたからといってじぶんと似通った人と必ず出会えるわけではないですが、出会える可能性はカナリ高いと思います。

正直、こういった出会いは凄く良いモノだし、時には大きく救われる。

ぼくは見ての通りブログを書くブロガーなんですが、近所にブログを書いている人なんて1人もいません(どこかにいるとは思いますが)。

同じような境遇であるからこそ分かる辛さや悩みなどを相談することすらできないのです。

だが、インターネットは人との距離をぶち壊し、じぶんと同じような考えを持つ方、行動をとっている方に容易に出会えるキッカケを創ってくれた。

ブロガーで例えてみるなら、同じブロガーの方が失敗したことを失敗談としてツイートしてくれていると、その失敗を自分が踏むことを避けられますし、上手くいかないのなら相談にのってもらうこともできる。

そういった繋がりを持てるキッカケをつくってくれるのも、Twitterをする大きなメリットです。

情報を取捨選択すれば
良質の勉強ノートを作れる

例えば、自分がホントに響いたコトバや名言だけに「ファボ(いいね)」をつけていくと、それだけで自分の名言ノートを作れます。

また、片っ端から気になる記事をリツイートしておき、時間があるときにそれらを読む。読んだあとは重要なモノだけを残し、いらない記事は消していく。そうすれば自分の勉強ノートとしてTwitter上に記録しておくことができる。こんな使い方もできますよね。

会社員であろうが学生であろうがそれ以外の活動が大事、個人としての価値や人としての偏りがこれからはとても大切だと言われている今、

Twitter上に自分が気になった記事だけを残しておくということは、あなたがどういった方なのかを世に発信していることにもなります。

関連記事⇩
モチベーション革命【感想・レビュー】時代の変化を捉えることの大切さ

ここも僕的には重要なポイントだと感じています。

5つのデメリット

時間をムダにしがち

これはTwitterに限らずSNS全般で言えることなんですが、何の用もないのに時間があればとりあえずツイッターを開いてしまうといった方は結構多いのではないか。

目的もないのにただダラダラとスマホ・パソコンを眺めることは時間のムダ使いに他なりません。

そうならないためには自分なりにルールを設けるといい。例えば、1日に何分見るのかという時間制限をつくるだとか、見る時間帯を決めてしまうだとか方法はいろいろある。

スマホを数クリックすればひらくことができる手軽さだからこそ、そこにムダな時間を費やしてしまう。

言いかえれば手軽さを活かす使い方だけをすればいいのです。わずかな隙間時間なんかは自分の知識や生産性を上げるのに、Twitterはとても良いツールになる。

時間とは命そのモノ。

そんな大事なモノをムダにしてしまわないためにもSNSとはうまく付き合っていくことが超大切ですよね。

更新頻度が高いので全ての
情報をカバーしずらい

ツイッターはもっともお手軽なSNSだからこそアクティブにツイートする人がほかのSNSに比べダントツ多い。

なので有益な情報を得たいなら、自分のフォローする人は慎重にえらびましょう。フォローしている人が多いとそれだけ情報量もふえます。

ただでさえ皆がアクティブなSNSな上、フォローする方を増やしてしまうと欲しい情報にたどりつくまでに時間がかかりすぎますし、追いきれなくなります。

たくさんの人をフォローすることが悪いと言ってるわけではない。

あくまで情報収集などにツイッターを使っていきたいと思っているなら、自分の欲しい情報だけにたどり着けるよう自分のタイムラインを整理することも大切だということです。

デマ情報も多い

SNSは一般人や匿名の人が発信するツイートも多いので、何もうらが取れていないにもかかわらずさも真実のようなことを言っているツイートも多くあります。

なかでもツイッターは誰でも手軽に発信できるSNSだからこそ、情報の信憑性は1番低いSNSと言えるのかもしれない。

だからこそ「情報の発信者は誰なのか」「真実を裏付ける確かなものがあるのか」を意識するのとしないのとでは大きな差があります。

デマ情報に流されないよう最低限の注意はもっておくようにしましょう。

名もあかさぬ奴に攻撃されることがある

SNSで先に書いたような情報の収集方法をとるなら、少なからず自分の意見や考え方を世に伝えることになります。

それは「あなたと逆の意見である方」にも例外なく伝わる。

人の考え方なんて人の数だけあり、違いがあるのは当然なのですが、それを理解することができず攻撃的に強く否定してくる変態もSNSの中には多くいます。

まあ純粋に情報だけを収集するならこういった攻撃をしかけられる可能性はかぎりなくすくないですが、絶対にないとは言いきれません。

普通に考えるとそんな変態はフル無視しとけばいいだけなのですが、精神的に脆い方、繊細な方はそれらがSNSをつかうデメリットになるといえるでしょう。

ひとと自分を比べ、落ち込む

これは他のSNSでも同じことなんですが、人の「いいね!」数と自分のを比べ、ヘコむということがよくある。

人は承認欲求の塊です。

確かに、「リツイート」や「いいね!」の数は重要なことの1つではある。ですが、そこまで意識する必要な全くない。

人と比べ、何クソと燃えれる人ならよいのですが、そういった方ばかりでもないのが現実。

これも精神的な問題なのですが、メンタルが弱い方にはデメリットになるおそれがある事柄ですね。

まとめ

いかがでしたか?

もう一度おさらいも兼ねてここにまとめておきます。

Twitter7つのメリット

  1. 情報の速報性が高い
  2. アウトプットの場として最も手軽
  3. 拡散力が他のSNSより高い
  4. ブログ等の集客(入口)に使える
  5. フォロワーの数には価値がある
  6. 価値観やビジョンが近いひとと繋がれる
  7. 情報を取捨選択すれば良質の勉強ノートを作れる
Twitter5つのデメリット

  1. 時間を浪費しがち
  2. 更新頻度が高いので全ての情報をカバーしづらい
  3. デマ情報も多い
  4. 名も明かさぬ変態に攻撃される事がある
  5. 人と自分を比べ、落ち込む
ツイッターに限らずSNSは使い方、自分の捉え方次第で時間をドブにすてるものになり、それだけでなくこころを傷つけてしまうものにもなります。

ですが上手くつかうことができれば自分の知識・自己価値を高めることなどができるメチャクチャ良いツールにもなる。

長所と短所をしっかりと理解し、メリットを最大限活かしながらデメリットをどこまで削れるか。それがTwitterをうまく活用していくためには大事な考えなのだ。

この記事がキッカケで、あなたのSNS術が少しでも良きものになれば嬉しいな!

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。