レターポットについて。こうすればもっと体温が宿るんじゃないの?

sponsor


どうも!読書ブロガーのミナミ(Twitter)です。

最近、キングコング西野さんが手がけている「レターポット」という文字を使った仮想通貨が何かと話題ですよね。

レターポットがどんなものなのかは、こちらの記事をご覧下さい。

キングコング西野公式ブログ 体温のある通貨♠

簡単に言えばお金で文字を買い、その買った文字で手紙を書き、送り合うという斬新+面白そうすぎるサービス。

仮想通貨には大変詳しいであろうネット界の重鎮、イケダハヤトさんなんかも「すごく面白そう!」とおっしゃっていたので、それだけ素敵なモノになる可能性の高いサービスなのでしょう。

また、イケダハヤトさんは仮想通貨の仕組みやテクノロジー的な面についても言及されていたのですが、僕は仮想通貨に関していえば最近ビットコインがすごいんでしょ?くらいの知識しかもちあわせていないし、テクノロジーなんかはもっとわかりません。

だからそっち方面では全くといっていいほどアイデアはでないのですが、西野さんのいっている「体温のある通貨」の「体温」の部分については、少々思うことがあったので書いてみたいと思います。

好き勝手思ったことを書いていきますが、基本がバカなんで技術的に「できる」「できない」とかは全くわかりません。なので、ゆるい感じで見てもらえると嬉しいです。

※2018年1月22日レターポット始めました⇩

 

書き順

そもそもなぜ僕がレターポットについて考えだしたのか。

それはこのツイートを見たからです。

なるほど!と思いました。手書きの文字の方がパソコンやスマホのキーボードで打つ文字より体温が宿りそう。

 

その気持ちと同時に、じゃあ実際に書いた文字が送った相手のパソコンやスマホ画面に書き手の書き方と同じように書きだされたら、もっと体温が宿るんじゃないの?と僕は考えました。

説明が下手ですよね。笑 要はこんなイメージ。

 

 

手紙を開いたとき、書き手の書き順、書くスピードがそのまま投影されたものが受け手のスマホやパソコン画面に書かれていく、みたいな感じです。

書かれた文字も10人が書けば、10通りの文字があるわけなのですが、書き順や書くスピードもまた人それぞれですよね。

例えば、5才くらいの子が書く文字は、それはそれはもう個性が溢れでた文字になる。

「る」という字をかくとするなら下から上に向かって書いてみたりと、平然と日本の当たり前を突破するような逞しい子もいる。

でも、そんな文字って見てて面白いし、一生懸命かいているなら泣けたりもする。

 

達筆なひとのきれいな文字が書かれ出したら「すげえな!」と普通に嬉しいだろうし、下手くそで書き順もめちゃくちゃな文字なら「あいつらしいな」と笑えたりするんじゃないかな。

書き順、書くスピードにも、文字に体温を宿す大きな力があるのではないか。そんなことをふと思いました。

動く年賀状

「レターポット」は文字を書く便箋(スマホでいう壁紙みたいなモノ)を買って、その便箋に文字を書き誰かに送る。というモノになるらしい。

そこらへんの詳しい記事はこちら

キングコング西野公式ブログ『レターポット』について

てことは、だ。

毎年必ずくるお正月。お正月といえば年賀状。いただいた年賀状を見るのが新年で一番の楽しみ!というかたもいるだろう。

家族写真や子供の七五三の写真。それに新年の挨拶を添えて送る。それが年賀状。

僕の理解が正しければ、これと同じことをこの「レターポット」では文字をお年玉がわりに添えて送ることができるようになる。

さらに、便箋に動画を埋め込むことができれば、リアルな年賀状ではあり得ない(今のところはですが)動く年賀状を作れる!

また、その換金した文字が点滅したり、散らばったりと動き出したら、もはや楽しすぎません!?

ちょっと僕のイメージとは違うんだけども、ニュアンス的に近いのはハリーポッターに出てくる魔法新聞のような感じ。それの年賀状版。

ここまでくると「温度」だけでなく「感情」も、レターポット内の文字に生まれてくるんじゃないかなぁ。と勝手に思っとります。

 

レターポットが楽しみで仕方がない

とまあ、好き勝手書かせていただきましたが先にも書いた通り、こんなことはもう出揃った今さらなデザインなのか、ぶっ飛んだ理想なのか、そもそも技術的にこんなことができるものなのか。

ここらへんのことは全くわかりません。

それでも、何となくアタマに思い浮かんだこんなことがもしレターポットでできたりしたら、とっても面白そうだなぁ。と仕事をほっぽらかし、想像を暴走させ、ひとり楽しんでいました。

たぶん、ぼくは変態です。

まあそんなことはさておき、

「レターポット」

素敵な仮想通貨になって欲しいという期待は大きい!

楽しみで仕方ないです!!

これからもレターポットの動向は要チェックですね!

ちなみに、一度書いた文字を消し、もう一度書き直す「消しゴム機能」なるモノも、面白いかなと思いました。

とはいえ、僕はこの道の素人です。勉強不足は100億も承知。

西野さん、そんな奴のアイデアなんて、何の意味もないでしょうか?

※2018年1月22日レターポット始めました!

関連記事⇩
レターポットをはじめて正直に思った5つのこと。

 

sponsor








ブログ感想頂けると嬉しいです!レターポットはこちら⇩

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

読書感想を主に書いてます。 元ニート×ギャンブラー×無職で結婚した男がゼロから這い上がるべく、日々学んでいます。 【座右の銘】 言いたいことも言えない こんな世の中はポイズン。