30代にしておきたい17のこと/本田健【読書感想・書評】

何者でもないぼくのような30代にとって、本書はじぶんの目指すべき指針と方向性をともに考えてくれる、そんな著書だったとかんじました。

 

本田健ってどんな人?

本書の著者・本田健さんは、神戸生まれで経営コンサルティング会社、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」です!

有名な著書でいえば「ユダヤ人大富豪の教え」などがあり、ベストセラーとなった著者が数おおくあるお方なのです。

個人的なことをいえば、本田さんの「大好きなことをやって生きよう!」は自分も読んだことがあって、とても勉強になったのをいまでもおぼえています。

sponsor


どんな本?

何者でもないぼくたち一般の30代が、これからの人生をどう生きればより良い未来につなげていくことができるのかという「生き方」について主に書かれている本です。

30代で新しい才能を見つけ切れなかった人はその後、才能を使って生きることは難しいと本田さんは言います。

厳しい発言この上ないですが、裏を返せば30代こそ人生を大きく変えるチャンスがある世代とも取れる。

そんな30代にとって重要なコトバが、本書にはありました。

「若さ」という一点で、たいがいのことは許されてきた20代。しかし、30代になるとそうはいきませんよね。

昔とまったくおなじ過ちをしたとしても、取り返しのつかないことに発展する可能性があるのが30代なのではないでしょうか。

このように、自分次第でプラスにもマイナスにも大きく揺れうごくのがぼくたちの世代。

そんな、ある種人生で1番大切だといっても過言ではない10年を、我々はどう生きるべきなのか。

そのことについて、本田さんと対話しながらじっくり考えていく。

それが、本書「30代にしておきたい17のこと」です。

こんな人にオススメ!

  • 未来に不安しかない30代の人
  • 生きてて楽しくない30代の人
  • 30代を飛躍の年にしたい人
  • 自己理解を深めたい人

 

こんな感じかな?

本書は30代にむけて書かれていますが、40代の方でも読む意味はあるとおもいます。

というのも、人生100年時代といわれるいま、30代という年齢がしめすものは、すこし変わってきているからです。

30代なんて、昔に比べれば心も体もまだまだ若い!

ですから40代で本書を活用することも、いまの時代なら全然可能だとおもいます!

学びになったところ

本書の中で、上記にしるした項目が自分のなかでは特に大切だなと感じ、行動に移していこうとおもったところです!

なかでも自分主催のパーティーは今もっとも力をいれていることで、今月、ついにじぶん主催の読書会を開催しました!

「本が好き!」というおもいから開催にいたった読書会。

そこでおこる出会いや付き合いは、自分にとって必ず意味があるものになるとおもっています。

ちなみに初開催から定員に達して、とても良い時間を過ごすことができました。

興味のある方は、是非ご参加ください!

こんな感じでやっています👇
読書が愛人会【第一話】

30代にしておきたい17のこと
読書感想・書評まとめ

じぶんはいま何をすべきかという指針を考え、方向性を決めていくことができる本書は、何者でもないぼくのような30代にとっては良き本になるとおもいます。

しかし、30代を超えた方が読むと、捉え方によっては絶望感ををただ強めるだけの本になってしまう可能性もなくはないというのが正直な意見。

そこまで年齢を軸に線を引くかと感じたところが数点あった。それが、自分の率直な感想です。

 

 

「もう、30歳になるのか」

そんなことを考えると、つい今までの自分を悔やんだり、今の自分を追い詰めてしまうことがぼくにはあります。

でもね、よくよく考えてみると今の時代「30代」なんて、まだまだ人生の序盤なんです。

江戸時代でもなく、大正時代でもなく、僕たちが今生きるのは、平成という飛躍的に進歩した時代なのですから。

だから、30代であろうが、40代であろうが、「成長したい」「なにかをやってみたい」と言ったおもいさえあれば、何歳であろうと人生まだまだこれからです!

そう言った目線で読めば、本書は何歳になっても学びのある本になるとおもいます!

 

現場からは以上です!

それでは、また!

 

 

こちらの記事もどうぞ👇
読書をする10のメリット。本ってこんなにすばらしい!!

なりたい自分を見つけたいなら、自分の死について考えてみるといい。 

sponsor








 

フォローもよろしくです⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください